タグ「アニメ」が付けられているもの

「もしドラ」アニメ化

「もしドラ」こと「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」がアニメ化するそうです。

オーディオブック聞いてる最中なので声優さんにも興味津々です。
オーディオブックの朗読はAKB48の仲谷明香さんでした。
とても聞き取りやすい声だったので、何かのキャラで声優さんとして参加されたら素敵ですね。
オーディオブック聴かせていただいている印象で言うと夕紀役など素敵かもしれません。

それにしても凄い勢いですね。「もしドラ」はダイヤモンド社さん初のミリオン作品だそうです。
「もしドラ」公式サイトには、実際に「もしドラ」読んでいるマネージャーさんも紹介されていました。

本屋にもドラッカー関連の書籍増えましたよね。私は数年前に先輩経営者さんに薦められて読んだのですが、やはり不況とかいわれるときこそこういう本物の本の価値が再認識されるのかもしれませんね。

その先輩経営者さんに海外の本に良書が多いのは何故ですか?と聞いたことがあったのですが、事例が多いからと教えていただき納得したことがありました。

いまはその方に薦められてコトラーの本読んでいます。
こういう本もっと早く読んでいたら、遠回りせずにスンナdのかなとも思ったり…

「もしドラ」をきっかけにドラッカーを若い人が読んでいるとか聞くと単純にうらやましくなります。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 7
おすすめ度の平均: 4.0
4 すぐ読めて理解し易い、ドラッカー『マネジメント』の導入事例
2 100万部売れるほどですかね。
5 仕事のモチベーションが上がる!
1 テーマは面白いが
4 さまざまな組織運営の参考書

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

Twitterで実況みながらパンティ&ストッキングwithガーターベルト鑑賞

10月1日27時からパンティ&ストッキングwithガーターベルトが、BS日テレで放送開始されました。

BSということでアニメ僻地の鹿児島でもみれるので、作業しつつ待機。
リアルタイムにみました。

かなりテンポの良いアニメで楽しかったです。

Twitterのハッシュタグがあったので、タイムライン追いかけながらみたのですが、みんなで見てる感あって楽しかったです。
27時って深夜3時ですからね。結構起きてつぶやかれている方いて楽しかったです。

土曜の仕事次第ですが、できるだけリアルタイム鑑賞挑戦して見たいと思います。

スタッフロールには、知り合いの名前何人かいらっしゃって、私も頑張らねばと思いました。

アニメ関連オススメ書籍

今日は作業日。一日中タブレット を握っておりました。
アニメ仕事だったのですが、紙に書いてスキャンという作業が無くなったので、作業効率はかなりあがりました。
最近本屋などでもデジ絵に関する本は多いですよね。

ただソフトの使い方は載っていても絵の描き方までは載っていないので、やはりそこらへんは専門書がいいですよね。
こちらの本など本当にオススメです。いまでもたまに引っ張り出して読んでおります。



好きなものに対する真摯な生き方-アニメもんエッセイ~大江戸直球通信~

アニメ誌「アニメディア」(学研パブリッシング刊)で連載中の石田敦子さんのエッセイコミック「お江戸直球通信」を購入しました!

連載自体はとびとび拝見していたのですが、やはりまとめて読めるのはいいですよね。
堪能させていただきました。

石田敦子さんは、アニメーター・漫画家さん。
『魔法騎士レイアース』『勇者特急マイトガイン』などのアニメ作品のキャラクターデザイン・作画監督や、『アニメがお仕事!』などの漫画作品を手がけられています。

こちらのエッセイコミックスでは、20年以上にわたり絵を描くこと、アニメを動かすことに携われてきた石田さんの仕事やプライベートに関するエピソードが、赤裸々に描かれています。
とくにアニメーターになった経緯やお仕事の実態などは、これからアニメ界で働きたいと思っている人にはとても有用な情報かと思います。
なによりも石田さんの仕事に対する姿勢、絵を描いて暮らしていることの感謝や喜びが伝わってきます。
特にアニメーターになる前に通っていた看護系の専門学校の食堂で、偶然流れたガンバの冒険最終回に普段アニメも見ないような女の子達が釘付けになったというエピソードなど、アニメの力を感じさせてくれるとても素敵なエピソードでした。

私は以前アニメの仕事をしていて、いまは地元でその経験を活かしてWEBやCG・動画などの仕事をしているのですが、仕事に真摯に向き合う石田さんの姿や言葉は、ときには痛さも伴い心の中に響いてきます。
好きなことを仕事にするというのは大きな喜びそしてやりがいなわけですが、それ以上に重いことでもありますよね。自分に言い訳することもできません。
いまの仕事はアニメの仕事と比べて、スタッフロールに名前が出るわけでないのですが、形になって人の目に触れるものを作っている仕事です。
あらためてあの日の気持ちを忘れず日々の仕事に取り組まねばと思いました。

私は複数ブログ運営してるので書評などは、ジャンルごとに投稿してるブログ分けています。
こちらの本も本来ならアニメの話題を書いているブログに投稿しようと思ったのですが、アニメに関係なく仕事というものを考える上でとてもいい言葉がいっぱいの本だったのでこちらに投稿しました。
コミックエッセイということでとても読みやすい本です。ぜひご一読ください。


アニメもんエッセイ~お江戸直球通信~
  • 石田敦子
  • 学習研究社
  • 1323円
Amazonで購入
書評

アニメータ用フリーソフト「コマウォッチ」

昨日は一日かけてフラッシュアニメの絵コンテ作業。
手描きでのアニメなので24fpsで設計。
普通のストップウォッチだと計算が面倒なので検索したところ便利なソフト見つけました。


軽やかに動きいい感じ。
さぅそくスペースキーを押しながら、パソコンの前でいろいろ演技しながらの作業でした。

無事ご提案いただいた代理店さんに提出しOKいただいたので、今日は絵コンテ持ってクライアントさんのところに行かれるとの連絡をいただきました。
出来上がりも楽しいアニメになりそうなのでいい返事いただけるといいのですが......

漫画の日にアニメ仕事

今日は漫画の日。
巨匠手塚治虫先生の命日です。

私が東京で仕事をしていたグループタックというアニメ会社さんは、アニメ黎明期からアニメ制作に関わっていた方も多く、手塚先生に関する貴重なエピソード拝聴する機会も多かったです。

たぶん漫画やアニメにふれなければぜんぜん違う人生になっていたでしょうね。
いまの自分の何割はたぶん手塚先生のおかげでできているでしょうね。

そんな漫画の日に、私はフラッシュアニメのお仕事をしていました。
キャラクターデザインしたり、絵コンテ切ったり、フラッシュテストしたり......
本当にありがたいことです。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

動画の編集していたら、いつのまにか年が明けていました。
まぁ年越しそばは食べたので問題なしです。

今年の動く動画は虎を歩かせてみました。




猫科の動物のフォロー歩きは8枚。もう少し頭部動かしても良かったかもしれませんね。
女神ドゥルガーには、仕事道具をいろいろ持たせてみました。
今年も細かいところに手の届く存在でいられたらと思います。

サマーウォーズ見ました

今日は鹿児島市内に、隙を見て前売り買っておいたサマーウォーズみてきました。

時かけの細田監督作品ということで、とて面白かったです。
ネタバレになるので詳しくはかけませんが、家族にもっと感謝しようと思いました。

映像面でもマッドハウスということでとても安定。
影なしアニメは作画に自信がないとできませんね。

スタッフロールで同級生の名前発見!
在学時からバリバリのアニメーターでしたが、すごいですね。
家族の食事シーンなど担当されたそうです。

探したら専門学校時代の卒業制作作品を発見しました。

私は大学卒業してから入学した4歳ほど年上だったのですが、専門学校楽しかったです。
朝の3時からパン屋でバイトしてから通っていました。大変だけどとても充実していました。

TVや映画などで同級生の活躍を目にすると私もがんばらねばと思います。
今年はアニメ系の作業体制も整えていこうと思っているので、そちらも楽しみです。

銀河鉄道999 ダイヤモンドリングの彼方へ

銀河鉄道999の新作が鹿児島限定で上映されるそうです。

メーテルの横顔と桜島は破壊力がありますね(笑)

上映会は9月9日ですか、開始時間も9時にして999になるのかな。
9月の予定はまだわかりませんが可能ならみてみたいです。

実物大ガンダムのメイキング動画、Yahoo!で公開されています

今年はガンダム30周年ということで、実物大のファーストガンダムを作るという企画があるのですが、その制作工程がYahoo!で公開されていました。

 18mはすごい迫力でしょうね。

昔三井グリーンランドで実物大のVガンダムをみたことがあるのですが(家族旅行でいきました)あれはたぶん15mくらいだったので、あれよりも大迫力ですね。
ディティールもかなりいい感じですし、毎週木曜更新ということで次回の動画も楽しみです。

 

「ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~」

 シネマトゥデイさんで面白そうな記事発見!

映画『崖の上のポニョ』の制作過程をドキュメンタリー作品。何と12時間32分DVDは5枚組で発売されるらしいです。
これは間違いなく買いますよ!

「もののけ姫」はこうして生まれた もいい感じだったのでこちらも期待大です!
制作風景だけでなく広告戦略の話などもあって大変興味深い作品でした。

TV放送はいつくらいになるんですかね?
TV放送されると関連商品もいろいろ動き出しそうで楽しみにしているのですが、レッドクリフは日曜洋画劇場で急遽放送されるみたいだし、今夜はしんちゃんもありますね。
レッドクリフよりもしんちゃんが気になる(笑)

ふたつのスピカ実写化

TVはそんなにみないのですが(みれない?)この時期最終回や新番組など番組改編の時期ですね。

アニメ系は鹿児島全滅しているので、ネット上の盛り上がりについていけないのが悲しい。
スカパー系は少し遅れて始まったりするの、最終回はまだ先立ったりするんですよね。

そんななか私の大好きな作品「ふたつのスピカ」実写化の記事発見!

ふたつのスピカは原作からのファンで、アニメにも参加させていただいた思い出の作品です。OPのコンポジットなどやらせていただきました。
実写化でさらに作品のファンが増えるといいですね。作品自体はクライマックスに近づいている感があるので、実写終了とともに終わったりもありえる?

6月11日楽しみです。

アニメツーリズム

面白い記事発見しました。

アニメコンテンツを中心にして町おこしをする事例のお話です。
昔から聖地巡礼という形でアニメの舞台になった街などにでかけるということは行われていたのですが、実際に町おこしにつなげた事例が東京アニメフェアのシンポジウムで紹介されたようです。

鹿児島を舞台にしたアニメはないかな?と考えてみたんですが、パッと浮かばないんですよね。
もののけ姫とか屋久島などはよくロケ地などになっているのですが、舞台というと秒速5センチメートルの、中種子町くらいしか浮かばないです。

鹿児島も施設のイメージキャラクターとか可愛いイラストが使われていますよね。
車で走っていたとき見かけたのですが、さつま町もかぐや姫っぽいキャラクターが使われていました。
キャラクターの見た目だけでなく背景設定とかも込みで考えていくと面白そうです。

痛車の宣伝効果

今日は作業が長引いて情報ライブ ミヤネ屋をみながらの遅めの昼食だったのですが、痛車に関する話題をあつかっていました。
痛車というのは、車にアニメやゲームのキャラクターのシールやイラストを貼り付けたりした車の総称です。
番組の中でもみなさん思いのこもった愛車を紹介していました。
アニメ好きとしては知らないキャラがいたりすると悔しかったりするのですが(笑)お金も思いもこもった痛車は目を引くでしょうね。

運転などしていても前に止まった車の社名などには目が行きますし、鹿児島で痛車が走っていたら目立つのは間違いないでしょうね。個人的に興味がありますし、近所に自動車マーキングなどされている会社さんもあるのでいつの日か相談にいってみたいです。
版権物でなくオリジナルになるでしょうから、ウェブアニメなど初めてリンクさせても楽しそうです。
妄想だけは果てしなく広がります(笑)

アカデミー賞

昨夜からいろいろなメディアでアカデミー賞での快挙が伝えられていますね。

『Departures おくりびと』もそうですが、アニメーション短編賞を『La Maison en Petits Cubes つみきのいえ』が受賞したのが、嬉しかったです。
加藤久仁生監督は鹿児島出身の方なので、地元のメディアでも紹介されていました。

加藤久仁生監督は映像制作会社ROBOT所属のクリエイターさんです。 ROBOTさんはTVCM、映画、アニメーション、CG、ゲーム、Web、の企画制作を行っている会社ですが、踊る大捜査線 THE MOVIEや、少林少女など多数の映画作品に携われているとともに、多くの映画監督、脚本家、CMディレクター、CMプランナー、プロデューサーが社員として在籍していらっしゃいます。

東京にいたころ野村辰寿監督のストレイシープやななみちゃんなどに参加させていただく機会があったのですが、ご本人の才能やご活躍はもちろんですが、こういうクリエイターさんを抱え作品を送りだすROBOTという企業の存在に驚いたものでした。

商業的なアニメと比べると、どうしてもこういう作家性のあるアニメ作品を作る機会は少ないと思うので、そういった場を提供する企業がいて、それが正しく評価されるのはすばらしいことですね。

鹿児島で凱旋上演会みたいなのしてくれないかな。大きな画面で見てみたいです。

アニメの教科書買いました。

アニメの教科書買いました。
アニメの教科書は、アニメ業界が必要とする人材を育成するため、東京都の協力のもと、アニメ業界と教育機関とが初めて連携して制作した、アニメ業界を目指す人のための教科書です。

以前から気になっていたのですが、東京アニメセンター・オフィシャルショップや専門学校などを中心に発売されていると聞いていたので、東京出張の際買うか、東京在住の友人に頼んでおくってもらうつもりだったのですが、アマゾンで売っているのを発見!早速購入しました。

090208.jpg

まだ仕事中なのでぱらぱらみただけなのですが、価格以上の情報量だと思いました。
アニメを目指そうという人には、とてもいい教科書だと思います。
アマゾンで買えるなら個人の方にも手に入れやすいですしね。

地方でネットワーク作ってアニメつくりは、私の夢のひとつでもあるので、こういった本に触れてアニメ制作を目指す地方在住者が増えてくると、とても面白いことができそうな気がします。

こういったテキストをもとに、東京で活躍してい知り合いのアニメーターさんや監督さん呼んで、鹿児島でワークショップ的なもの開いても楽しそう。
企画書とプロモーション素材作って、専門学校や青少年育成事業として役所などをまわってみてもいいかもしれませんね。

雲のように風のように

鳥海永行さんが亡くなられました・・・67歳は若いですよね。

ニルスやエステバンは小さなころ大好きな作品でした。電撃文庫などで小説家としてのお仕事も拝見したことがあります。

雲のように風のようにも名作だったですよね。
ぴえろの公式サイトにいくと曲が流れるのですが、かなり懐かしく名曲でなけます。

ご冥福をお祈りいたします。

こんにちわアン

来年の春の世界名作劇場は「こんにちわアン」をやるみたいです!

おおー素晴らしい。世界名作劇場もコゼットで10年ぶりに復活して以来、シリーズ続いているので嬉しい限りです。

監督は谷田部勝義さんです。谷田部さんとは「グラップラー刃牙」に参加したさいお会いしたことがあります。エクスカイザーとか好きだったので感動しました。

キャラデザは佐藤好春さんということでそちらも楽しみ。ポリアンナですよ!

BS、CSでの放送ということで、世界名作劇場はいまだに地上波に戻ってこれないけど、こういう作品こそ地上波で流して欲しいです。
アンで人気がでて地上波に戻ってきてくれると嬉しいです。