タグ「番組」が付けられているもの

ドラマ「もやしもん」BSフジは8月7日(土)25:00~

明日からノイタミナ枠で、ドラマ「もやしもん」始まりますね。

鹿児島の私はBSフジで見ることになるので、1ヶ月くらい先になりそうなのですが、キャストも原作のイメージに近かったですしいまから楽しみであります。
菌の活躍にも期待ですね。

昨日今日とHP用の写真撮影のため味噌作りの現場にお邪魔したのですが、菌の力は本当に凄いですよね。
頑張って美味しい味噌や醤油などを作ってくれるのです。

ゲゲゲの女房

最近の朝の過ごし方は朝食食べながら、ゲゲゲの女房みるのが至福のひとときです。
小学生のころゲゲゲの鬼太郎にはまり、妖怪などたくさん模写したものです。
その頃一緒に鬼太郎話や絵描いたりしていた友人は、妖怪もののコミックスでデビューしたりしています。
何度もアニメ化されているので、私の両親や、甥っ子姪っ子も知っていたりと、各年代で親しまれているのも特徴ですよね。
私は第3シリーズ、ユメコちゃんのでていたシリーズに影響を受けた世代です。

ゲゲゲの女房も毎日楽しみに拝見しております。
内容はもちろんですが、貸本業界の描写などにも興味津々です。
今日はついに青林堂創業者の長井勝一さんがモデルのキャラがでてきました。
『月刊漫画ガロ』の初代社長兼編集長さんですね。
水木先生が商業デビューされた雑誌です。
水木先生の自伝は何冊も読んでいるので、あのエピソードはどう描かれるのかな?という部分も楽しみです。

ゲゲゲの女房

朝の連続テレビ小説ゲゲゲの女房始まりましたね。
「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげるさんの妻・武良布枝さんの自伝が原案です。
8時からの放送と今までとは時間が違うので初回見逃すところでしたが、妖怪をアニメで合成していたりと、子ども時代ゲゲゲの鬼太郎の洗礼をうけた私にとってはかなり期待できる番組です。
鬼太郎とか今でも描けます。

怖いものに対する興味はいつの時代になっても尽きないですよね。

個人的にはネゴシックスさんが出演されていたのもうれしかったです。
登場人物の中で一番安来弁が流暢でしたw

リトル・チャロ2

泣けて感動できる英語講座『リトル・チャロ』の続編『リトル・チャロ2』が今夜から始まりますね。
今度の舞台は、the Middle World=間(あい)の国、ファンタジー色の強いものなんですかね?
生と死のはざまの国ですか、ドレッドの再登場もありえる?いまから楽しみです。

今回もクロスメディア学習も充実。
ラジオ放送ストリーミングやマイライフグローブ、マイチャート、マイ単語帳など機能満載です。
マイライフグローブは、チャロのイラストで表現されているのですが、頑張って学習続けるとどんどん元気な姿になっていくらしいです。これはモチベーション保てますよね!

さっそくラジオ聴いたのですが、さっそく波乱の展開です。

放送記念日特集 激震 マスメディア ~テレビ・新聞の未来~

世間は祝日だったんですね。気づかず普通にお客さんに電話をするところでした(笑)

春分の日の振り替え休日な訳ですが、3月22日は放送記念日でもあります。


アカウント@nhk_mediaでツイッターとリンクした企画もあるようです。
ハッシュタグ「#nhk_media0322」では、みなさんの番組に関するつぶやきが寄せられているようです。

テレビ離れ・新聞離れは、仕事以外での部分でも実感として感じられる部分です。
ビデオに撮ろうと思ったのですが、コードブルーの最終回とかぶったので、久しぶりにツィッター画面横目にリアルタイムでTVみることになりそうです。

いきなり黄金伝説の罠-昼食はモスバーガー

昨夜のいきなり黄金伝説、モスバーガーのメニュー全80品を営業時間内に食べるという内容だったのですが、夕食食べたばかりだったのですが、とてもお腹の空く企画でした(笑)
ということで昼食はモスバーガーに、復刻版のダブルバーガー食べてきました。
ボリューム満点でうまい!食べるとき苦戦するソースもモスの醍醐味ですよね。

モスバーガーは歩いていける距離にある唯一のファーストフード店なので重宝しています。
味も良いですよね。昔からファンだったのですが、こちらの本読んでからさらにファンになりました。



超ヒット商品の開発秘話などが描かれたコミックスです。
こちらの2巻のほうにモスバーガー開発の秘話が描かれています。
モスバーガー独特のソースが生まれるまでの経緯などが丁寧に描かれています。

1巻にはG=SHOCK、チキンラーメン・カップヌードル、ミニ四駆、2巻にはモスバーガー、写ルンです、カルピスにまつわるエピソードが描かれています。
チキンラーメン・カップヌードル開発者である安藤百福さんは今年生誕100周年ということで、先日TVでも特集されていました。
コミックスでもチキンラーメンの開発にまつわる話や、あさま山荘事件でカップヌードルが認知されたエピソードなど紹介されています。

少し前の本なのですが、オススメしたい本です。

クローズアップ現代「よみがえる"経営の神様"ドラッカー」視聴中

クローズアップ現代「よみがえる"経営の神様"ドラッカー」視聴中。

24時10分からBS2でも放送されますよ。

Twitterでもつぶやいたのですが、ブログでもご報告。

幸せになるためにニコニコするためにドラッカーを読む。

構えすぎずに読む。

ゲストもドラッカー学会代表の上田惇生さん、糸井重里さんというとても豪華な番組でした。

「夢の扉~NEXT DOOR~」豊重哲郎さん回拝見しました

「夢の扉~NEXT DOOR~」やねだん豊重さん回拝見しました。

夢の扉 ~NEXT DOOR~(ゆめのとびら ネクスト ドア)は、TBS系列で、毎週日曜日18時30分から19時に放送されているドキュメンタリー番組です。

鹿児島でも放送しているので、私もよく拝見しています。

『行政に頼らず、活性化する村づくりを進めて行きたい』/豊重哲郎

豊重さんややねだんさんの躍進は著書やDVDなどで拝見していたのですが、やはりこうやってあらためて番組としてきちんと拝見すると改めて凄いと感じますよね。

土着菌をつかった休耕地でのサツマイモ作り、やねだん焼酎、空き家のアーティストさんへの貸与、こども向けの「寺子屋」豊重さんのやねだんのみなさんの活動は本当に凄いですよね。

「やねだん故郷創世塾」や町おこしコンサル的な活動など、まだみたことのない貴重な映像もみれて嬉しかったです。

豊重さんが、「MY GOAL」ノートに書かれた言葉。

行政に頼らない地域づくりで日本の集落を変えて行きたい

誰よりも考え動き、周りの人を巻き込む豊重さん。

昨年の夏にクライアントさんと訪問させていただいたとき、自ら案内していただき、いろい
ろ説明してくださった豊重さんの笑顔を思いだしました。

TBS「総力報道! THE NEWS」やねだん特集みました。

TBS「総力報道! THE NEWS」で放送された、やねだん特集みました。

「"やねだん"って?奇跡の集落13年の記録全国注目の再生の秘密」ということで、やねだんの地域再生に対する試みが紹介されていました。

やねだんさんには以前お伺いし、豊重哲郎さんの車に同乗させていただき、各施設をご案内していただいた経験があります。
放送見られた方はわかるとおもうのですが、実際お会いした人たちが、みんな素敵な笑顔なのが印象的でした。

番組の内容も良かったです。
MBCさんが丁寧に取材された13年分の映像は、やはり大きな力がありますよね。

やねだんDVDと書籍

MBCさんのサイトでは、やねだんさんを特集したDVDも発売されています。

豊重さんの書かれた書籍も、やねだんさんのサイトで購入できます。
以前お伺いした際に、版上げに伴い加筆するかもといわれていたので、確認されてみてもいいかもしれませんね。

いい番組見れて元気が出ました。

毎日放送「ちちんぷいぷい」

先日記事で紹介した毎日放送「ちちんぷいぷい」での、黒豚みその紹介コーナー拝見しました。

ちちんぷいぷいは関西では本当に人気のある番組のようで、知り合いの関西の方はみなさんご存知でした。

番組も本当に丁寧な作りで、思わず私も注文しそうになりました。

私の大好きな草原兄さんこと桂吉弥さんも美味しそうに食べられていて、それもひそかに嬉しかったです(笑)

 

アメトーーク家電芸人

録画したままみれずにいたアメトーークの特番見ました。

家電芸人あいかわらず熱いですね。
使いもしない電子レンジとか欲しくなりました(笑)

CrazyTalkも楽しそうですね。
CrazyTalkは、お手持ちの写真やイラストをまるで生きてしゃべっているかのようにアニメーションさせることができるソフトです。
こちらにサンプル動画がありました。
イラストも動かせるのは楽しいですね。

あいづちオウムの変化球

自宅作業日は、毎朝「つばさ」みています。BSで7時半から放送してるので、朝食時間とマッチしていい感じです。
視聴率的には苦戦しているようですが、楽しく拝見させていただいています。

コミュニティラジオ局を舞台にしているのも面白いですよね。
映画館の跡地を再利用とかどこかに事例あるのかなと思いました。

今週でてきた「あいづちオウムの変化球」の話も面白かったです。
バックトラッキングというやつですね。相手の言葉をそのまま返すことで相手に「私はあなたの言葉を受け入れていますよ」という意思表示ができます。

自分が好きでしている仕事だとどうしてもお客様の前で雄弁になってしまうことが多いのですが、聞き上手のほうが何かといいですよね。とかいまごろになって言ってみる(笑)

撮影自体はクランクアップしたみたいなので今後の展開も楽しみです。

 

タモリさん休み中

外回りのない日は12時から笑っていいともをみながら昼食をとることが多いのですが、司会のタモリさんが人間ドックと白内障手術のため今週1週間はお休みされるそうです。
その間はレギュラーの方が変わって司会をつとめるそうです。

とても珍しい状況ですが、今週は外回りが多めなので残念ながらみれなそう。
今日も朝から外回りだったのでこの情報もあとからネットのニュースで知りました。
ネットでもタモリさんがいないのは不思議な感じというご意見が多かったです。

GWぽい感じ

いま現在作業中。もう少ししたら打ち合わせと撮影に出かけるのですが、地元公民館の運動会が開催されているらしく近所の小学校から賑やかな声が聞こえてきます。

朝のTVでも昭和の日らしい特集が多く、GWが始まったな!という印象です。

妹家族は、甥っ子のサッカーの試合に出かけているみたいです。いまのところ昨日書いた置き去りにされる気配はない感じです(笑)仕事は楽しいので置き去りでもかまわないんですけどね。

日曜夜の番組で西原理恵子さんの特集がありました。
著書はほぼひと通り拝見させていただいているので旦那さんの鴨ちゃんとのエピソードなどTVの前で号泣してしまったのですが、番組の中で
「ここで働く場所があり家族を養っていること。いま仕事があるということが本当にありがたい。」
というようなことをおっしゃられていました。最近出た著書の中でも似たようなことを書かれていました。

コンビニなどによると本のコーナーは必ず確認するのですが、求人情報誌薄くなりましたよね。
いま自分のやりたいことを仕事にできていることを本当に感謝したいです。

ビッグダディと鹿児島不況

昨夜はビッグダディが放送されていました。
あわせて携帯サイトも更新されていたので、正月のビックダディをみて有料サービスの登録していた私としては嬉しい限りです。週間とかいてあるのになかなか更新されないのも、番組内でのビックダディの頑張りを見ていたら許せますしね(笑)

ビックダディは奄美が舞台なのですが、番組中でいくどとなく不況不況いっていました。有効求人倍率0.39倍といってたかな?ちょっと前の南日本新聞には鹿児島は0.42倍と書いてあった記憶があります。
100人に対し42人と考えると番組内で100年に一度の不況という言葉も実感できますね。

そういうなかでも夕方のニュースをみていると、頑張っている鹿児島の企業さんを紹介する特集を組まれていたりしてなんとなく嬉しい気分になったりもするわけです。

情熱大陸 秋本治

録画していた情熱大陸「秋本治」さんの回をみました。
国民的人気コミックス「こち亀」の作者さんです。

取材風景やネーム制作、社内での制作風景など貴重な映像満載でした。
社内と書きましたが、 秋本先生は、アトリエびーだまという形で法人化したスタジオを構えていらっしゃいます。アシスタントさんも社員らしい。タイムカードなどもきちんとおしてタイムスケジュールもきちんとしているようでした。定時になると先生のほうから先に帰り、残りを自宅作業にするというのも他の人が無理やり残って残業とかならずにいい感じですよね。

両さんがいい加減でも、作者がいい加減ではいけない。
という言葉も素敵でした。

私の生まれた年から連載の続いている国民的な作品。
これからも楽しみですね。

手塚治虫先生没後20年

今日2月9日は手塚治虫先生の命日です。
没後20年ということでBSで特番が組まれていました。

昨日は、「手塚治虫のすべて」ということで、過去NHKで放送された番組を再放送されていました。
トキワ荘の映像とか学生時代関連書を何冊も読んでいたので、感動してしまいました。

私が東京で仕事していたころお世話になっていたアニメ会社さんは、虫プロ出身の方が多く在籍されていて、手塚先生に関するエピソードをいろいろ聞かせていただいたことを思い出しました。

地元の図書館に手塚先生の作品がいくつか置いてあるのですが、子供たちが夢中になってみている姿をよくみかけます。私も小さい頃に読んだジャングル大帝のラストシーンは衝撃的でした。
600を超える作品を世に残し、いまだに読み続けられ愛されつづけている。まさに漫画の神様ですね。
 

龍角散ダイレクトスティックとポールポッツ

喉が怪しいと思ったので昨夜は加湿器をつけて寝ました。喉が痛み出すとすぐに熱を出す人なので早めに対処中です。
最近龍角散ダイレクトスティックを愛飲しているのですが、CMにポール・ポッツさんを起用されていますね。
サイトなどでもCM動画見れるようです。

つい先日も日本テレビ系「誰も知らない泣ける歌」にて、ポール・ポッツさんのデビューのきっかけとなった奇跡のオーディション「ブリテンズ・ゴット・タレント」が放送されていました。
携帯電話のセールスマンから世界のスーパー・スターとなったポール・ポッツさんその激動の半生を描いた映画も製作中のようです。
こちらの記事や動画などいつ見ても泣けてきます。

 

案ずるより横山やすし

正月特番はいくつか見て、まんまと罠にはまっていると思いながらも、ビックダディ効果でTV朝日の携帯サービスに登録したりもしたのですが(笑)やはり毎年やっている『さんま玉緒のお年玉!! あんたの夢をかなえたろかSP』は別格な面白さでした。

夢を持ち続け、懸命に生きている人々を応援する番組で毎年放送されているのですが、今年も笑ってなかされてしまいました。

JRAの競馬学校に合格した女の子の話も合格までの軌跡を追っていた部分など泣かされました。こういうの親御さん目線や先生目線になってみてしまう内なる自分がいます(笑)

さらに泣かされたのが『デイブさんに逢いたい』と願った人の話。
最初は受け狙いかな?とも思ったのですが、その動機や実際にあったときの様子など見て泣けました。

誰かのひとことやその人の存在自体に助けられるといえる人が自分の中にあるというのは、それだけで大きな力をもらえますよね。

デイブ・スペクターさんに泣かされる日が来るとは思いませんでした(笑)

篤姫最終回の視聴率は28.7%

篤姫最終回の視聴率は28.7%だったみたいです。
いままでの最高が29・2%だったので30%いくのかなと思っていたので少し残念ですが、平均視聴率は24.5%で過去10年で最高の数字だったそうで、鹿児島県民としては嬉しい限りです。

鹿児島では40%を超えた回もあったり、黎明館で篤姫の常設展示の話が出ていたりとこの賑わいはまだ続きそうですね。