タグ「WEBサービス」が付けられているもの

Lingrサービス終了

Lingrがサービス終了するそうです。
趣味のサイトなどで使わせていただいていたのですが、過去ログの参照が楽だったり、各発言がパーマリンクを持っていてSEO的にもいい感じだったりと、とても素晴らしいサービスでした。
代わりのなりそうなサービスを探しているのですが、正直みつからないんですよね。
あらためてLingrのすばらしさを実感してしまいました。

サービス終了に至った経緯などがご自身の言葉で書かれています。
少数精鋭、フルタイム4名の体制、優秀な方が揃っているだけに人件費が問題だったようですが、どうやって収益をあげるかというのは難しいですね。利用させていただいているときも、広告も表示されないしどうやって収益上げているんだろうか?と思っていたものでした。
チャットサービスなどは、実際に利用させていただかないとその魅力を感じることができない気もしますしね。

テーマ別にブログ書いたり、ブログサービス選んだり

今日は午前中北薩で外回り。ひさしぶりにだるま亭さんにいったので記事にしようかなと思ったのですが、思うところありチェストブログに投稿。

マップへのトラックバックなど便利な機能も多いですし、鹿児島に関する情報がチェスト!さんには満載ですからね。

アニメネタがないとチェスト!のブログの更新頻度は下がるばかりですし、テーマ別にブログを運営するのはいいことですしね。

仕事先の方や、趣味関連の付き合いの方に「ブログはじめたい」といわれた場合は、その方のやりたいことなど聞いて、それにあうブログサービスをおすすめしています。

機能的な面でもそうですが、優良被リンクやSEO的な面でもですね。

ブログを書く。書き続けるというのは労力がいりますし、せっかくならできるだけ求める成果に近づきやすいサービスを選ぶのがいいのかなと思います。

チェスト!の広告固定配信

数日前からチェスト!で広告固定配信がはじまりました。
シーログの仕様変更によるものらしいのですが、あれだけのサービスを無料で利用させていただいているわけですからね。個人的にはぜんぜんかまわないかなと思っております。

チェスト!も毎日ブログが増殖しています。全体のPVも右肩上がりに上がっているそうです。
機能も満載ですし、カスタマイズもしやすいので、鹿児島に関する事業やサービスを行っている方にはチェスト!さんはおすすめです。

カテゴリーのソートを変えられるのが個人的にかなりお気に入り。
有料サービスが始まるというようなことも案内されているので、将来的にはチェスト!で企業サイトを作ろうとかいうサービスが出た場合記事のソート機能はかなり便利ですしね。
もし実現するならぜひ代理店になりたいです(笑)

ブラウザ互換性問題

ちょっとしたお手伝いで他の方が作られたサイトの修正作業中です。
IEだけで確認されていたらしく、他のブラウザでもみれるように修正作業。

スタイルシートだけでいけると思ったのですが、マークアップもいじることになりました。
逆にこれで一応とはいえ表示していたIEはどうなってるのだろうかという気分です。

ブラウザはひと通りチェックしています。携帯はエミュ利用したり、こちらのサイトも便利です。

アクセス解析見てもIEは多いですからね。当然無視はできないのですが・・・頑張れ他のブラウザ!

行動ターゲティング広告

Googleからまた新しいサービスが生まれました。以前から導入が予測されていた行動ターゲティング広告です。

Adsenseに代表されるコンテンツマッチ広告は、広告が掲載されているサイトの内容に応じて広告を出し分ける仕組みでした。たとえばこちらのブログだと鹿児島に関する情報や、WEBに関する情報などが表示されるといった感じです。

行動ターゲティング広告では、直前に参照していたサイトなどから、あなたの傾向や行動を反映した広告が表示されます。私の場合はアニメやCGに関する情報なども表示されるようになるのかなと予想しています。

本人が意図しないうちにWeb閲覧行為を記録されているということなので、専用の設定画面で各種のパラメータ調整や、広告表示の差し止めも出来るということですが、賛否両論出てくるサービスだとは思うのですが、より制約率の高いユーザーに自分の商品やサービスを提供できるという意味では、 とても有用なサービスだと思います。

mixi年齢制限の緩和

12月10日からmixi年齢制限の緩和にともない15~17歳の方も参加できるようになりました。
春には招待制もなくなり登録制になるようです。

mixi自体は他県の友人との交流や、趣味系の友人との交流などに利用させてもらっています。
高校のころの友人とmixi上で再会とか、結構嬉しい場面もありました。

mixi Platformの開放などは、とても面白そうです。mixi OpenIDなどは、知り合いのプログラム関係者の方がおもしろいプログラム作られていてすでに利用させていただいています。

mixi年齢制限の緩和や登録制への移行は、収益などの面から考えてもしょうがないでしょうね。
複数アカウント対策などは、登録制の導入によって、新規登録時の携帯電話による認証を続けることで対応したり、マイミクがゼロの状態で一定期間経過すると強制退会となるルールも継続することで対応するようです。新規登録時の携帯電話による認証は不便だといっていた知り合いもいました。

一部の登録制のSNSなどは検索エンジンにもひっかかるので、Wikipediaなどもそうですがmixiも検索エンジン上にのってくると結構私の仕事にも影響ありそうです。
検索上位をmixiが占領したらちょっと困りそう。