トップWEB・SEO・SEM・LPO ≫ ケータイキットーカテゴリー名に絵文字を使う

ケータイキットーカテゴリー名に絵文字を使う

新しく「自分用のメモ」というカテゴリーをつくりました。
仕事しながら便利だと思った機能やテクニックを、メモ変わりに書いていきたいと思います。

ケータイサイトの制作には、ケータイキットというMovableTypeプラグインを利用させていただいてます。
今までいくつかのサイトを制作させていていだきましたが、大変便利なプラグインです。

関連サイト:アイデアマンズ株式会社

Movable Typeのモバイル対応ツールとしては、MT4iが有名ですが、ケータイキットは、テンプレートを使って通常のブログと同じようにデザインをカスタマイズできます。

今回は、カテゴリー名に絵文字を使う方法をメモします。

追記と近況報告

携帯サイトは容量との戦いなので絵文字を有効活用したいところです。

ケータイキットは、テンプレート内では、MTKeitaiEmojiタグという機能で絵文字を表現することが可能です。シンボルをアンパサンドとセミコロンで括ったエンティティ表記によっても絵文字を出力できます。エンティティ表記はテンプレートだけでなく、エントリー内でも使用することが出来ます。
カテゴリー名にエンティティ表記で絵文字を使用すればいいわけですが、このままだと支障をきたす場面がありますので、オンラインマニュアルで紹介されているカテゴリーテンプレートを修正してあげる必要があります。

カテゴリーテンプレートでは、カテゴリー名を表示させるために、<$MTArchiveTitle encode_html="1" $>タグをつかっているのですが、こちらのタグだとエンティティ表記での絵文字を表示してくれません。ですから、  <MTCategoryLabel >タグにかえます。これでうまく絵文字が表示されるはずです。
テンプレートでは、カテゴリー名の前に本の絵文字が表示されていますので、これも必要ない場合は削除します。

<!-- entries -->
<MTKeitaiBlock class="BlockTitle">
 <$MTKeitaiEmoji symbol="book"$><$MTArchiveTitle encode_html="1" $>
  </MTKeitaiBlock>

この赤字の部分を修正します。

<!-- entries -->
<MTKeitaiBlock class="BlockTitle">
  <MTCategoryLabel >  
</MTKeitaiBlock>

というふうに修正し、再構築すれば絵文字がうまく表示されるはずです。