トップWEB・SEO・SEM・LPO ≫ クリックとモルタル

クリックとモルタル

インターネットのイの字もわからない母が、インターネットで調べて欲しいと声をかけてきました。
珍しいなとよくよく聞いてみると、毎年梨を購入している岐阜の農園さんからDMが来て、そこにサイトのURLが載っていたようで、サイトから注文して欲しいというお願いでした。

実際にサイトを見てみたのですが、ご自分達で作成されているようで、デザインやナビゲーション部分などは、あれっ?と思う部分もありましたが、実際の農園の様子などを拝見すると購買意欲が高まります。
母が注文した際には、私もご相伴に預かろうとおもいます(笑)

クリックとモルタルという言葉があります。

ここで言うクリックとはWebサイトによる店舗を指し、モルタルとは実際の店舗を指すのですが、ネット上で展開するビジネスと実際の店舗展開ビジネスの両方を行なうことで販売促進の相乗効果を狙う手法です。
実店舗があるということやそれをきちんと経営されているというのは、それ自体が信用度アップにつながったり、 お客さんの購買意欲を刺激する材料になります。
うちあわせなどでよくあるパターンとして、実店舗を拝見するとPOPやメディア紹介事例を貼ってあったりと、独自の販促作業を行われているのに、サイト制作用の素材としていただいた素材の中にはそれらが無く、あわてていただいたりということがよくあります。
人の目にふれる機会を増やすという意味でも、実店舗でお客さんに対して行っているサービスや、商売に対する思いをサイト上に表現する仕組みを考えていくことが必要なのかと思います。

追記と近況報告

今日は朝いちで歯医者へ、あと数回で終わるようです。

夕方までは仕事、夕方以降は自分の作業と決めて最近作業進めています。
仕事用のサイトなど、販促ツールを揃えたいと作業進めていまるのですが、紙系のツールなど同人誌系の印刷所さんだとものすごく安いです。
小冊子作ろうと思っているのですが、デザインやイラスト、原稿制作は自分でやるので、A5サイズの68ページの小冊子が、300部で印刷代5万以内とか本当に安い!
小冊子は、良い販促ツールだと思います。お渡しするシチュエーションやタイミングに気をつければ、費用対効果も高いです。
小冊子に関する本だとこちらがおすすめです。