トップCG・映像・イラストのこと ≫ FlashとDirector

FlashとDirector

朝からFlashやAfter Effectsのお仕事。

学生時代は、Directorなどよくいじっていました。
Shockwaveとか、Lingoかいろいろいじっていました。

ZD Net Japanでオーサリングツール「Director」「Shockwave」の開発者であり「マルチメディアの開祖」として知られるMarc Canter氏が、Director開発の経緯を語るインタビュービデオを公開されていました。

マルチメディアの開祖が語る「Director」そしてオープンソーシャルの展望--Super Techies

学生時代はMACで作品制作していたので、Directorもよく触っていました。
9600/233を買ってすぐにG3が出て涙目とか笑えないこともありました。
CD-ROMもたくさんでていましたよね。ハイパーカードも懐かしい・・・
サムライメックのメイキング本とか福岡の図書館にあって借りて呼んだ記憶があります。

Flashがでたばかりのころは、いまほど機能もなかったですが、WEB上ででアニメや動画を簡単に披露できるということもあり、興奮したことを覚えています。
出来上がった作品も軽かったですしね。テレホーダイとかの時代でした。

来月はインタラクティブなFlashの仕事するかもしれないのでいまから楽しみです。

追記と近況報告

ブログはまめに更新しているのですが、仕事のサイトの更新が滞っています。

コラムは毎週何曜日に更新とか決めた方がいいのかもしれませんが、クライアントさんのお仕事が優先なのでなかなか厳しい状況です。

ネタはあるんですけどね。どこかで時間を見つけてイラストを書き溜めようかと思っています。

モニターも5月は受けられるかどうか今週には分かりそうなので、ページ更新する予定です。