トップオススメ情報 ≫ 青紗一籠(チョンサチョロン)のサムゲタン

青紗一籠(チョンサチョロン)のサムゲタン

今夜の夕食は、伊集院の青紗一籠(チョンサチョロン)に行って着ました。

鹿児島のSNSのメンバーさんが日記でサムゲタン食べてきたとかかれていたのを拝見し、度いってみたかったのです。

東京にいたころは同僚の韓国の方と大久保の本格的な韓国料理のお店に何度かいったことあったのですが、サムゲタンは食べたことなかったんですよね。

ちなみにサムゲタン(蔘鷄湯)は、韓国・北朝鮮の代表的なスープ料理のひとつで、鶏肉に高麗人参、もち米などを入れて煮込んだ栄養食です。

青紗一籠さんは最近移転したそうで、店舗は古民家を改造した風情のあるお店でした。

内装や店員さんの服装も韓国様式で風情があります。

ネット情報で予約して言ったほうが良いということだったので予約して行ったのですが、正解でした。テーブルは予約の札でいっぱいでした。

妹家族も誘っていったので、チヂミや石焼ビビンバなどサムゲタン以外の料理もいろいろ頼めました。チヂミや石焼ビビンバもいろんな味のものがあるのですよ。

 

チヂミ

 

写真も頑張って撮ろうと思ったのですが、横から手が伸びてきてすぐになくなる状態(笑)
ブログ更新の苦労のわからない家族です(笑)

マッコリなども飲みながら待っていると、主役のサムゲタンの登場です!

サムゲタン

初めて食すということで色々説明を受けました。ものすごく煮込んであるそうで、骨もバラバラになるのででちょっとほぐして欲しいとのことでした。

はじめて食べたサムゲタンは、素材の味を生かした味付けでとても優しい味。添えつけのお塩で味足してもいいとのことだったのですが、そのままいただきました。
スープも美味しかったです。

もともとサムゲタンは日本の土用の丑の日におけるウナギのように三伏の日に食べると健康によいとされる料理だったそうで、元気もらえた気がしました。朝鮮人参なども入っているのです。

店舗も雰囲気よく、接客も丁寧で、味も美味しい。

ランチもやっているそうなので、通いたいお店が増えました。

出先の街にこういうお店が増えてくると楽しさも増しますよね。

サイトはないようなのですが、食べログさんの情報がとても参考になりました。

レビュー読むと行きたくなると思います。

追記と近況報告

今日はサイト更新用の講習マニュアル作り。

いままで紙だったのですが、サイトにアクセス制限かけて運用することにしました。検索できたりリンク使えたり便利ですからね。

動画マニュアルも作るので、先日買ったロジクール ウェブカムプロ 9000がさっそく役に立つ!と思ったのですが、画面をキャプチャーするのがメインなので出番なさそうです。
毎回私が挨拶する場面いれるのも微妙すぎますしね(笑)どんだけ自分好きなのかと。

基本画面キャプチャーしてAfter Effectsで編集。ナレーションを載せるという感じです。
CMSは自分のサーバにひと通り入れてるので作れそうなのですが、ネットショップなどのASP利用しているものは専用に作ることになりそうです。
でもマニュアルはわかりやすいものがいいですからね。上手に運営できればと思います。