トップ≫ 勉強法・仕事術・セミナー

いま頑張ると、いつかの自分を助けてくれる。自分を形作るものの中にJCの活動が入って少しでも進歩できたのならこんなに嬉しいことはありません。

串木野青年会議所の8月臨時総会から帰宅。体調が万全ではないので懇親会にはいけませんでした。

理事長報告で、母が亡くなった際に、さのさ前夜祭や本祭の忙しい合間に葬儀に出てくださったお礼や、先日の無事開催した「んだもしたんキングの挑戦状」事業のお礼など、きちんと伝えたかったのですが、JCメンバーの皆さんの顔見ていると、いろいろ思い出して涙が出そうで大変でした。

どうにか乗り切り、監事総評までいったのですが、西田監事か私の事業を例にして
「理事長に任された担いを全うし、ちゃんと計画して準備して実行する。そういうものの上に信頼は積み重ねられる」
といってくださったり、榎木外部監事の友人の子供たちも、んだもしたんキングの挑戦状に参加してくださっていたようで
「面白かった。また参加したい」
と言ってくれていたこと伝えてくださったりと、いつもお世話になっているお二人に厳しい意見を頂くことの多い監事総評でこんな言葉をかけて頂き、涙腺のゆるい私は大変でした。

JCに入会するか迷っていた時、入会を勧めてくださった先輩が
「40歳まで何か頑張った経験や記憶があると、41歳からの自分も頑張れるよ」
といってくださり、目から鱗で入会を決めた日のことを思い出します。

JCのやりがいや意義というのは、私は自分の中に見つけ出す部分が大きいと思っているのですが、私は何かしら見つけられたのかなと思います。
そんなに仕事の時やプライベートで自分のキャラを変えていたりはしないのですが、自分を形作るものの中にJCの活動が入って少しでも進歩できたのならこんなに嬉しいことはありません。

私は人生時間が一番の投資だと思っていますが、JCで過ごした日々は本当に貴重な時間だったと思います。

まるで今年で40歳になり卒業のようですが、あと一年あるのでまたいろいろ経験させていただければと思います。

植松努さんのブログに、ツタエルドボクにJCメンバーさんのアドバイス。きっかけやヒントは世界にあふれていると感じます。

仕事作業がひと段落したので、役員会への資料提出が控えているJCの事業計画書の作業中です。

委員長をさせて頂くのは2回目ですが、前年度の委員長がくみ上げてくださったものをもとに進化させていただく作業をした前回の委員長時代より苦戦中です。

最初の委員長では、おたから発見★いちき串木野 公式サイト制作や、おたから発見★いちき串木野検定の開催などに取り組みました。

公式サイトは、前年素敵なガイドブックを作ったので、そちらの内容をより多くの方にみていただければという思いで制作しました

いろいろな方にみていただいているようで、メールフォームからの問い合わせの対応など私がしているのですが、馬頭観音を観るために愛知から来てくださった方などもいて、サイト作ってよかった思ったところでした。
何年か運営してみていろいろ手を加えたいところもあるのですが、仕事の合間になかなか時間作れずやれずにいるところです。
レスポンシブWEB化と、記事への地図の追加などはできるだけ早く取り組みたいと思います。

おたから発見★いちき串木野検定については、うちの母も受験してくれて、家や病院の待合室で熱心に勉強してくれていました。
無事合格し、母の認定証は玄関に飾ってあります。
身近でJC活動を感じられています。

認定証

地かえて祭りなどでもPRさせていただき、アンケートに答えてくださった方の中から抽選でガイドブックを送らせていただいたりもしたのですが、実際にガイドブックで受験してくださった方がいて、不安の中での地かえて祭りでの取り組みだったのですが嬉しかったです。
その方は去年も受験してくださっていて、他の町の方なのですが、いちき串木野とのご縁が生まれたかと思い、さらに嬉しかったです。

今年の事業は、青少年体験交流事業として、物語仕立でいちき串木野市のことをRPGチックに学んでいただく事業をできればと準備中なのですが、まだまだ資料不足ということで実際にどのような事業を行うかというコンセンサスの部分がまだまだで、資料作り頑張ろうと思っているところであります。

普段話しあう機会の多いJCメンバーさんにもこういう状況なので、実際にどのようなことをするか、どうやって参加者さんを募るか、広報の部分でも本当にいろいろ考えていかないといけないなと実感しているところであります。

ただ仕事でもそうなのですが、課題が見つかるとアンテナの向く方向や情報の接し方なども変わるのか、いろいろきっかけやヒントなどに触れる機会も増えたと感じます。

以前こちらのブログで「植松努さんの講演動画」を紹介させていただいたのですが、ブログの方でJC時代の青少年事業の集客に関する話をとてもタイムリーにしてくださっていました。

自分がなぜこの事業をしようと思ったのか、その実現のために何をしないといいけないのかなど、あらためて感じさせる記事でした。

実際の広報手段など考えていたときに、JCメンバーさんが「ツタエルドボク」について教えてくださいました。

内容自体も素晴らしいイベントなのですが、広報活動に関しても参考になる事例でした。

やはりJCメンバーさんのアドバイスは頼りになります。

こういった情報をもとに計画書の修正や、資料の追加に取り組んでいるところであります。
期限的にも気持ち的にもギリギリにならないようにできればと思います。

今度の青年会議所の例会の有効活用時間は、似顔絵やセルフブランディングやストーリーテーリングなどの話をさせて頂く予定

今度の青年会議所の例会の有効活用時間は、私たちの委員会が担当ということで、似顔絵やセルフブランディングやストーリーテーリングなどの話をさせて頂く予定です。

今年は青少年事業の委員長をさせていただいているので、青少年体験交流事業として、物語仕立でいちき串木野市のことをRPGチックに学んでいただく事業をできればと準備中なのですが、青年会議所のメンバーさんを一人一人キャラクター化しようと思い、似顔絵の依頼などが来た場合に書いていただいているヒアリングシートの記入やデジカメでの撮影などをお願いする予定です。

いくつかキーワードをいただいて、それからもとにキャラクター化する感じになります。
私の場合はこんな感じ。

青少年事業キャラクター化

それにあわせて、セルフブランディングやストーリーテーリングなどの話をさせて頂くことになりました。

似顔絵は話題のきっかけになるものを用意したほうがいいという話や、自分のことや自分の提供できるサービスをちゃんと物語として話せるように準備しておくといい感じです。というような話をできればと思っています。

似顔絵は仕事でも依頼いただく事があるのですが、最近はSNSでアイコンとして使用することもできたりと活用する場面は増えてきたと思います。ただ似ているだけでなく、話題が広がるようなものを用意したいなといつも考えています。
名刺などは相手にお渡しできる最強の営業ツールだと思うので、文字だけでなく似顔絵やキャッチコピーを使用しておくのはいい感じだと思います。

こちらはブログのバーナーに使用している似顔絵です。

バナー似顔絵

頭がだいぶ派手なのですが、こちらはクッシュボールを被っているという設定にしています。
クッシュボールは、グッドアンドニューに使用するツールです。

グッドアンドニューとはグループのメンバーが順番に、過去24時間以内にあった良い出来事や、新しく知ったことを挙げていくというものです。
発表する内容は、天気が良かった、何らかの努力が実ったという話まで、何でもかまわないません。
この活動の目的は、グループ全体で、ある一つの習慣を共有することにあります。嬉しい出来事や体験に集中させることで、それを活力源にし、ネガティブな出来事や体験に気持ちを塞がれないようにする。
また、障害や問題が起こったときに、その出来事を別の角度から見ることによって、意味をプラスに解釈する習慣です。

こういったちょっと変わったボールを使います。

クッシュボール

このクッシュボールは実にユニークな形をしていて、それを受け取った人は動作から自然に楽しくなるような行動を取ります。
この行動が発言を簡単にしたり、記憶を思い出すことを手助けしてくれる効果があるのです。

クッシュボール Kooshball レギュラーサイズ
K2Mワールド
売り上げランキング: 4,949

似顔絵をきっかけにクッシュボールやグッドニューの説明をする機会を得たり、こういうのが好きな人なんだと伝わる機会を作りたいわけです。

ストーリーテーリングについては、サイトの立ち上げの際などに書いてもらっているヒアリングシートをお渡しし簡単に説明させて頂き、カタルタを使った物語作りのワークショップをしていただこうと思っています。

カタルタ

「カタルタ」は、発想力を高め、コミュニケーションを豊かにする鹿児島生まれのカードセットです。

みんなでつむぐ即興の物語セッションをはじめ、ブレインストーミング、アイスブレイクなどに活用できます。

私は個人で仕事をしているので、一人会議などにもカタルタを利用しているのですが、そういう話をオズボーンのチェックリストなどと交えてお話させていただければと思っています。

貴重な有効活用時間なので、少しでも役に立つ話ができるように準備していければと思います。

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナー第5回 「観光力は人間力(ホスピタリティ)」

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナー第5回 「観光力は人間力(ホスピタリティ)」に参加してきました。
観光まちづくり人材育成事業 観光セミナーの最終回になります。

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナー

今回の講義では、観光力は人間力「あなたがいるからまた来たよ」という思いのもと、観光力について何よりも大事な人間力(ホスピタリティ)について学びました。

いままでのセミナーで観光とはないか、いちき串木野の新しい観光商品が作れないかなど、講義やワークショップを通じて学んできましたが、実際に観光客の方や、いちき串木野に興味を持ってくださった方も実際に来てくださっても、がっかりされて書いられたのでは意味がないと思います。
また来たいと思ってもらえるように、まちの人一人一人の人間力が必要だということを学びました。

後半のワークショップはセミナーに対するアンケートを書いた後、班ごとにセミナーの感想を言い合い話題に出た内容を班ごとに発表。
さらに個人の目標や夢をそれぞれ発表する形でセミナーは終了しました。

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナーは、今回で終了したのですが、講師の猿渡先生の講義は事例紹介も多く、自分たちの身に置き換えて考えることができ、とても素晴らしい内容で参加できて本当に良かったです。
5回という回数に対して、ワークショップの内容や宿題がヘビーだったのですが、これは仕方ないところなのかなとも思いました。

アウトプットする機会の方が多いので、貴重なインプットの機会を得られて本当に良かったです。
いい話がきけてよかった。で終わらないように、教わったことや体験したことを活用していければと思います。

いちき串木野市地域リーダー養成研修のまとめ冊子が届きました。

いちき串木野市地域リーダー養成研修のまとめ冊子が届きました。

冊子

研修の振り返りができるとてもいい冊子です。
私も発表させていただいたので、表紙でイラスト化していただいたのですが、痩せて描いてくださっていてありがたかったです(笑)

冊子で振りかえってもいい研修だったなとあらためて思います。
班のみんなで作り上げた提案も思い入れ強いですが、ファシリテーションの手法やKJ法など、そこに至る過程もきちんと教えていただいていい機会でした。

私たちの提案させていただいたまちなかサロンに関する提案も見返していたら、以前から取り組みたいと思っていた地域メディア事業に対する気持ちが盛り上がってきました。

いま受講している観光セミナーもそうなのですが、商品やサービスを創りあげることも楽しいのですが、仕事柄それをどう伝えるかのほうに興味が動くんですよね。

趣味の分野でキュレーションサイト運営しているのですが、そちらでなかなか手ごたえを感じているのですが、それらのノウハウや、研修で得た知識、JC活動を通じて得られた人の縁などを大事にしながら、自分なりの地域メディア模索していければと思います。

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナー第4回 「観光商品はどのように創りだしていけばいいのか。価値を伝えるには」

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナー第4回 「観光商品はどのように創りだしていけばいいのか。価値を伝えるには」に参加してきました。

第4回観光セミナー

今回も講義の後にワークショップを行う形でセミナーは進みました。

講義では、様々な事例を紹介して下さり、個人的に興味のある「価値を伝えるには」についても紹介して下さり、とても勉強になりました。
前回の宿題も、今回ワークショップも「観光商品開発」がテーマなのですが、やはり仕事柄そういった観光商品を誰にどのように伝えるのかにも興味がります。
ストーリーテラーや、コーディネート組織のことなどは、私もいつか事業化できないかなと思っていたところなので、講義という形で話を聞けて良かったです。

ワークショップでは、宿題として仕上げてきた観光商品をブラッシュアップする作業を行いました。
うちの班は、冠嶽や徐福伝説をもとにまとめてくださった観光商品について、意見を出し合い発表させていただきました。

他の班の発表も拝見したのですが、前回のセミナーで私がいちき串木野の価値として挙げさせていただいたネタを広げる形で観光商品考えてくださった方がいらっしゃって、こういうセミナーやワークショップならではで、とても面白いなと感じました。

観光セミナーも次回で最終回。
講義中心で「観光力は人間力(ホスピタリティ)」というテーマで講義があるようでとても楽しみです。

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナー第3回 「いちき串木野の有する価値を考える」

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナー第3回 「「いちき串木野の有する価値を考える」に参加してきました。

講義の内容も、ワークショップもますます本格的になってきました。

第3回 観光セミナー

前回宿題で出されたいちき串木野の価値を、KJ法で掲示していくワークショップをまず行いました。
私が参加させていただいている班は、班長さんが積極的に模造紙に書き込みを行ってくださったり、素敵な写真を撮ってきてくださったりととても作業進めやすかったです。
各班の発表もいちき串木野の知らなかったことなど知ることもでき興味深かったです。

中にはどうしても各班から「夕焼けの風景」など、同じような内容が挙がってくるわけですが、今回の講義ではそういった価値の中から、いちき串木野ならではの価値や物語を見つけ出す必要性などについての講義がありました。
潜在資源と深層ニーズのマッチングなど講義内容はかなり本格的で濃い時間でした。

今回も宿題が出たのですが、いちき串木野の観光商品を考えるというもので、締め切り1週間敷かないとは思えない内容でした。
仕事以外でこういうことを考える機会や場は貴重だと思うので、何かしら形にしていければと思います。

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナー第2回 「観光マーケティングと顧客感動」

観光まちづくり人材育成事業 観光セミナー第2回 「観光マーケティングと顧客感動」に参加してきました。

第1回は、11月に開催されたので、間が空いての開催だったのですが、今回も面白かったです。

観光セミナー

「観光マーケティングと顧客感動」がテーマということで、マーケティングとは何か、マーケティングだけでは足らない顧客感動とは何か、という感じで講義が行われました。

事例として、佐賀市南部地区の麦秋カフェについて紹介してくださったのですが、とても興味深く拝見しました。

後半は次回からのワークショップに向けて参加メンバーさんのチーム分けや課題などもだされました。

誰も知らないいちき串木野の魅力を見つけ出していくワークショップです。

いろいろ学んで仕事や青年会議所の活動に活かせればと思います。

第6回いちき串木野市地域リーダー養成研修。受講生から地域の皆さんへのプレゼンテーション

今日は、第6回いちき串木野市地域リーダー養成研修。
いままでの講義の内容を地域の方にプレゼンテーションさせていただきました。

基本資料は私で作成させていただき、プレゼン前に、のメンバーさんと講師の方にプレゼン資料をチェックしてもらいブラッシュアップして、無事プレゼンを乗り切ることができました。

プレゼン資料

プレゼンを聞きに来てくださったまちの方や、研修の参加メンバーにも意見を頂きました。
班のなかでは出なかった意見もあり、とても貴重な機会でした。

最期に参加メンバーさん全員で感想を伝えあい、修了証をいただきました。

修了証

地域リーダー養成研修に参加してみて、町おこしについて真剣に考えている方たちがこんなにもいらっしゃるのか、確認できました。
普段一人で仕事をしているので、チームでいろいろ提案を考える作業もやりがいを感じました。

今回は中央地区をモデルに研修を進めたのですが、自分の住む地域などに置き換えられる課題も多く、自分住む街や地域について振りかえるとてもいい機会でした。

講師の方もスペシャリストの方ばかりだったので、チームビルディングなどファシリテーションのテクニックなども実際に体験できたのも、とても貴重な機会でした。

一緒に研修を受けた方も、熱い思いを持った方ばかりで、そういう方たちと知り合いになれたことも大きな財産となりました。

平日の夜や土日の昼間に研修の時間を作るのは大変だったのですが、そういった苦労も感じさせないくらいのことを学べた研修でした。

第5回いちき串木野市地域リーダー養成研修。提案を検討する

今日は、第5回いちき串木野市地域リーダー養成研修。いままでの講義で調べて地域の未来に対して、チームごとに提案を行うための企画作りやプレゼンの準備など行いました。

141202-01.jpg

私が参加しているのは、「まちなかサロンやドリームセンターなどの拠点活用」の班です。
チームメンバーさんといろいろアイデアを出し合いながら作業を進めることができました。

課題と資源、具体的な取り組みとそこから得られるであろう成果、Ten-Labさんのプレゼンの極意や、未来会議室などの有用な知識やテクニックも教えていただき、今回もとても有意義な時間を過ごせました。

いよいよ次回でこちらからの提案をさせていただく講義で、いちき串木野市地域リーダー養成研修も修了です。

講師の先生方に教えていただいたことをちゃんと形にして、インタビューの時間など割いていただいたまちの方たちに恩返しする意味でもちゃんと準備してプレゼンに臨めればと思います。