トップ≫ 日々のこと

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ブログ移転しました

ブログ移転しました。
といっても同じドメイン内での運用なのですが、WordPressの・実験検証もかねているので0からの記事投稿です。

こちらは過去記事などそのまま残したいと思っています。
自分で仕事を始めてから書いてきたブログなので、えがおでドットコム黎明期編という感じですね。

次がどんな日々になっていくか自分次第だと思うので頑張ります。

いろいろあった2015年。2016年も頑張っていきたいです。

久しぶりのブログの更新です。年が明けて2016年になってしまいました。

いま私は10月末に脳梗塞になり、いまは回復期リハビリのある病院に転院し、社会復帰に向けてリハビリ中です。

私のなった病気は、ワレンベルグ症候群といい、延髄外側の梗塞によって生じる症候群なのですが、症例のお手本のように顔の左側に麻痺、首から下の左側に間隔障害、体幹の歩行障害などが出ています。
運動障害や言語障害はないので、いまはきちんと歩けて、いつか運転もできるように2月半ばの社会復帰を目指してリハビリに励んでいます。

自分の病気もそうですが、2015年は7月に母が亡くなったりと、いろいろあった年でした。
母の死は家族の存在の大きさを実感しましたし、自分が倒れた後も父にいろいろサポートしていただいたりと家族のありがたみを実感する日々でした。

青年会議所の活動も委員長をさせて頂いたりと充実していたのですが、後半は入院してしまい事業計画書の提出など迷惑をかけてしまいました。

仕事の方でも、病室にパソコン持ち込ませて頂いたりはしたのですが、やはり打ち合わせや撮影には出向けないので、引き受けられない仕事なども出てきて迷惑をかけてしまいました。
いまのリハビリのための入院も2月くらいかかりそうなので、サポート業務などとあわせて、あらたなCMSを習得したりとスキルアップや新たな事業のための準備期間としても貴重な時間を利用していきたいです。

以前先輩経営者さんから「沈思黙考」の大切さについて教えて頂いたのですが、今回の入院は家族や周りの人、仕事や人生のことなど、いろいろ考えるいい機会になりました。
あたりまえにできていたことができなくなり、日常の大切さを実感しています。

リハビリの後、病室で聞く中島みゆきさんの「重き荷を負いて」が、コーヒーのCMのように沁みたりする入院生活ですが、病院のスタッフさんはみなさん明るい方ばかりなのでパワーを頂きながらリハビリに取り組んでいます。
療法士の方などは、このリハビリに取り組む意図などを丁寧に説明してくださるので目標をもってリハビリに取り組目ている気がします。
これは私の仕事にも大事な部分だと思ったので、入院期間を利用してサービスや販促ツールの改良などにも取り組んでいければと考えています。
「After Effects」で映像制作をされているスタッフさんがいて話が盛り上がったりということもあり、刺激の多い日々です。

来年で40歳。不摂生でなった病気ですが、人生に必要なメンテナンスだったと思って2016年も頑張っていきたいです。

これからも涙が出そうになるスイッチにおびえながらも、母との思い出を大事にして頑張っていきたいと思います。

母の葬儀も無事終わり。久しぶりに母と自宅に帰宅。
すっかり小さくなってしまった母ですが、我が家が大好きだったので喜んでいると思います。

葬儀には本当にたくさんの方が来て下さりありがたかったです。

私が遺族代表挨拶をさせていただいたのですが、斎場の方との打ち合わせ段階から、スライドショーの後にやるのかと、思い出の写真と素敵なナレーションのあとに、ちゃんと話せるか不安だったのですが、案の定轟沈。
母への思いや、母に親しく接していただいたみなさんへの感謝などを自分なりの言葉で伝えられればと思ったのですが、ちゃんと伝わったか不安です。

ちゃんと伝わっていたか不安なので、遺族代表挨拶を載せておこうと思います。
本当に皆さん、母に親切にしていただきありがとうございました!

遺族代表挨拶

遺族を代表いたしまして、ひとこと挨拶申し上げます。
本日は皆様、ご多用中にも関わらず、ご会葬をいただき、誠にありがとうございます。
母の発病以来、あらん限りの治療に取り組んできましたが、七月十八日、67歳をもって逝去いたしました。

明るい性格の母は、まさに我が家の象徴、明るい太陽でした。
昔から母に似ていると言われていて、いつも照れ臭かったのですが、
「田口君は、何でも楽しそうに熱心に作業するね」
など声をかけてくださることも増えてきて、外見だけでなく中身も、何でも全力投球で取り組んできた母に似てきたのなら、こんなに嬉しいことはないと思います。

家族のことを誰よりも応援してくれたのも母でした。
こ れから、父も乗船していた薩摩星雲丸での甥っ子の乗船実習、妹の看護学校の卒業、姪っ子の高校進学と、母の応援が実を結ぶ明るい出来事が続く中、その喜び を分かち合う日々の中に、母がいないというのは本当にさびしいですが、母との思い出や、母がかけてくれた言葉など大切にしながら、家族仲よく過ごしていきたいと思います。

私が座右の銘にしているネイティブアメリカンの教えにこんな言葉があります。
「あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。
だからあなたが死ぬとき、あなたが笑って周りの人が泣くような人生を送りなさい。」
昨夜から多くの方が母に会いに来てくださいました。
その様子を拝見し、まさにこの言葉通りの人生を母は送れたのではないかと思います。

あらためて母の生前中、皆様方には大変お世話になり、心から厚くお礼申し上げます。
皆さん母に親切にしていただき、本当にありがとうございました。
残る遺族一同にも故人同様のご厚情を賜りますよう、お願い申し上げます。
誠に措辞ではありますが、お礼のご挨拶といたします。
本日のご会葬誠にありがとうございました。

涙が出そうになるスイッチが、いたるところに隠れていて、とにかく水分不足になりそうな数日間でした。

地元のお祭りで忙しいのに青年会議所のメンバーさんも顔を出してくださり、母も青年会議所の事業によく参加してくれていたなと思いだしスイッチ。
父の涙ぐむ姿にスイッチ。
帰宅して探し物をしていていてもう母に聞けないということに気づいてスイッチ。
みんな帰ってきたのに母だけいないのが不思議そうな愛犬さくらの姿にスイッチ。

これからもあらゆるところに潜んでいる涙が出そうになるスイッチにおびえながらも、母との思い出を大事にして頑張っていきたいと思います。

とばしらさとこさんの素敵なカレンダー頂きました。

とばしらさとこさんの素敵なカレンダー頂きました。

39歳の誕生日を記念して作られたそうで、素敵な絵ことば39枚を組み合わせて作られているカレンダーです。

カレンダー

みているだけで元気になるので、家族にも見てもらえる場所に貼りました。
とばしらさとこさんの作品は、あおい歯科さんでも見れるのですが、患者として通っている家族も喜んでいました。

郵送で送られてきたのですが、それぞれの方向けの絵手紙も添えてくださっていたようで、私も素敵な作品頂きました。

絵手紙

本来はこれをカレンダーの右上の部分に貼ってオリジナルカレンダーになるというコンセプトだそうですが、仕事の最中などにみると元気になりそうなので、仕事机の特等席に置かせていただきました。

さのさ集会に参加してきました

さのさ集会に参加してきました。串木野小学校で外部の方を招いて行われる特別授業です。
串木野青年会議所のメンバーとして参加して、いちきくしきのカルタを行ってきました。

終始子供たちが楽しそうに、カルタを楽しんでくれて、よかったです。
この中の何人かが、毎年行われているカルタ大会に新たに参加してくれると嬉しいです。

今月二つの事業が開催されるということで、委員長さんたちは事業のPRもされていました。

チラシなど持ち帰ってくれた子供たちもいたので、事業にも参加してくれればと思います。

帰りに子供たちから、記念メダルももらいました。
一つ一つ手作りのメダルです。
素敵なプレゼントをいただけました。

メダル

いちき串木野市地域リーダー養成研修当選しました

いちき串木野市地域リーダー養成研修当選しました。

リーダー研修

研修内容もとても興味深く、講師としてTen-Labの永山由高さんが参加されるということで、ぜひ参加したかったので当選してよかったです。

学んだことを、仕事やJCの活動に活かせるように、ちゃんと研修受けてこようと思います。

いまから楽しみです。

忙しいは言わないように、優先順位は間違わないように

いま母が検査入院中なので、愛犬さくらの散歩中に、病院の下まで行くようにしています。

窓から母が顔出してくれるので、気付いたさくらも大喜びで、その様子に和みます。

さくら見上げ中

仕事などが重なると、なかなか散歩にも連れていけなかったり、母の通院のサポートなどもできなかったりもして、申し訳ない気持ちになります。
それでも勤め人だったころよりは、いろいろできている気はするので、こういうときは思い切って独立してよかったなとも思えます。

母のエピソードとして、私の印象に残っているものとして、中学校の頃に副担任の先生にいきなり褒められた事件というものがあります。

家庭訪問の時に、担任の先生とともに同行して訪ねてきてくださった副担任の先生が、急に授業中に

「毎日田口君は楽しそうに、友達と通学してくるなと思っていましたが、昨日お母さんにお会いして、田口君の明るい理由がわかりました」

というようなことを言ってくださいました。

この歳になると褒めてもらったことがわかるのですが、そのころはリアル中二病な青春まっただなかだったので、急に何を言いだすんだと、とても照れ臭かったことを思い出します。

リアルがドタバタしてくると「忙しい」という言葉を使いがちなのですが、「忙しい」は「心を亡くす」と書くというのを、何かの本で読んでハッとしました。たしかに「忙しい」と口から出るときは、家族への配慮などできていないこともあったなと反省するところでした。

仕事もJCも趣味の活動も、家族のことも、いろいろ重なるのは仕方のないことだとも思いますし、いろいろ任されるのは、基本的にはありがたいことなので、人生で大事なことは何だろうか?などちゃんと考えながら、優先順位をきちんと決めて活動していければと思います。

ひとつづつ、かなえていく、かえていく

ここ最近更新を楽しみにしていたブログが、ひとまずの最終回を迎えました。

ニコニコ動画を運営されているドワンゴさんから、無電源ゲーム(ボードゲーム等)を開発されているアークライトさんに転職された方のブログです。

ニコニコも、無電源ゲームも好きなのでとても興味深く拝見していました。

"好きを仕事にする" ために。転職された経緯や気持ちがとても丁寧に書かれています。

私は小学校の文集に「ゆめ・・・・アニメーターになること」と書くような子供でした。

文集

アニメーターにはなれませんでしたが、CGやコンポジットなどアニメの仕事には参加することが出来ました。
小さい頃の夢を少しでもかなえられたということは、幸せなことだと思います。

あの頃の夢とは少し変わってしまいましたが、その頃のスキルを活かしていまも仕事をしたり、あらたな夢や目標というものを持ちつづけられているということは本当に幸せなことだと思います。

仕事でいただくお客様の課題は本当に様々で、それを乗り越えていくための作業や勉強は大変ですが、楽しくやりがいのある作業です。

アニメも用いたプロモーションなども提案させていただいていて、祝迫果樹園さんの仕事では以前キャラクターやアニメを作らせていただきました。

先日2000回再生されて嬉しかったです。
4コマ漫画コラムも書かせていただいているので、来年は新作も提案させていただこうと思っています。

打ち合わせのたびに
「たぐっちゃん、うちのマンゴーは娘のように育てているんだよ。」
と言われるのが印象深くて、いっそ娘さん考えてみようと思い生まれたマンゴーちゃん。
今後も看板娘として頑張ってくれると思います。

私も、ひとつづつ、かなえていく、かえていく。
そんな仕事を積み重ねていければと思います。

逞しくなってきた甥っ子!

今日は甥っ子の高校の運動会ということで、妹と父、父の友人の方で朝から高校に出かけています。

私は仕事の予定があったり、母を迎えに病院に行かないといけないので行けませんでした。
デジカメを預けたので、甥っ子の活躍を撮ってきてくれればと思います。

妹は早起きして弁当作ったようで、差し入れてくれました。

運動会のお弁当

4月から寮暮らしをしている甥っ子は夏休みは初アルバイトも経験し、どんどん逞しくなっている印象です。

小さいころは仕事の写真撮影なども手伝ってくれていました。
久しぶりにみると、幼くて懐かしいです。

寮のブログでは、ここ数日体育祭の練習風景などをアップしてくださっていました。

本番成功しているといいのですが。

GENKI Music Festivalのお礼状届きました。

GENKI Music Festivalのお礼状届きました。

お礼状

丁寧なお礼状とともに、スポンサーの企業名の記載されたチラシも同封されていました。

我が町の錚々たる企業さんの名前のなかに「えがおでドットコム」の名前もありました。
50音順だったようで上の方でラッキーでした。

商工会議所青年部さんにはJCのイベントでも協力してくださっていますし、コミュニティFMなどにも出演されて、懸命に広報活動されていた姿も拝見していたので、小さなお筒大ですが、協力で来てよかったです。
会長さんは高校の柔道部の先輩だったので、2重に嬉しかったです。

自分で仕事を始めて8年経ちましたが、続けていればこういう機会もあるんですね。
JCの先輩さんに声かけていただき協賛させていただいたのですが、何か誇らしい気持ちになりますね。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11