トップ≫ CG・映像・イラストのこと

ナイスステックとレタス

ヤマザキパンのナイスステックが最近お気に入りです。
細長いから片手で持てるので、パソコン作業中に食べれていい感じ。
なにげにナイスステックで検索してみたのですが、500カロリーオーバーの商品なんですね。コストパフォーマンスはいいのでしょうが、食べすぎは怖いですね。

でレタスの話。
といってもRETAS STUDIOのことなんですが、アマゾンでかなり安くなっていたので買いました。
3万以下とかバリバリ仕事で使っていたころの値段考えると信じられません。
Stylosは触ったこと無いので特に楽しみです。
3ds MaxからMXOL形式で3Dデータ書き出して、それをあたりにして回り込みとか描いてみたい(笑)

いま抱えている仕事がひとだんらくしたらいじり倒す予定なんですが、ひとだんらくする予定は無いという感じもあります。

「萌え米」高齢化の町救う、ひと月で2年分販売 秋田

日本はすごいなと思う記事発見。

新たな販路を発見という意味でもおもしろいですし、このために炊飯器を買ったという方もいてさらにすごいなと思いました。
私もそうですが、基本的には好きなものにお金を使うことには躊躇しない人たちですからね(笑)

萌え絵でブランディングは考えたことがあるのですが、商品イメージとリンクすれば面白く展開できるのかもしれませんね。
「あきたこまち」で萌え絵は名前のリンクもあって作戦勝ちでしょうね。

篤姫ももっと萌え絵的な商品あってもおもしろかったのかもしれませんね(笑)

こんにちわアン

来年の春の世界名作劇場は「こんにちわアン」をやるみたいです!

おおー素晴らしい。世界名作劇場もコゼットで10年ぶりに復活して以来、シリーズ続いているので嬉しい限りです。

監督は谷田部勝義さんです。谷田部さんとは「グラップラー刃牙」に参加したさいお会いしたことがあります。エクスカイザーとか好きだったので感動しました。

キャラデザは佐藤好春さんということでそちらも楽しみ。ポリアンナですよ!

BS、CSでの放送ということで、世界名作劇場はいまだに地上波に戻ってこれないけど、こういう作品こそ地上波で流して欲しいです。
アンで人気がでて地上波に戻ってきてくれると嬉しいです。

アニメ作りの教科書が完成

こんなニュース発見

国内初の本格的なテキストと書かれると他にもいい本はあるだろうとも思うのですが、こういった取り組みは大歓迎ですね。機会があれば見てみたいです。

アニメは日本が誇る産業だと思っているのですが、国を挙げての取り組みはあまりされていない印象です。
他のアジア圏の国は結構力いれてます。アニメ会社に勤めていたころ韓国人の同僚の方がが知り合いのアニメ監督さんのことを
「日本だと専門学校の先生だけど、韓国に来れば大学の教授レベルなのに」
といってたことを思い出しました。

出来はともかくとして、日本のアニメがハリウッドでリメイクされることも多いですよね。
噂のドラゴンボールもいろいろ情報出てきました。別の意味で見てみたい作品です(笑)

漫画の道具

午前中鹿児島市内で打ち合わせ。おはら祭りなのにあいにくの天気でしたね。

昼から母と川内に親戚のおばさんのお見舞い。
ひさしぶりにゆっくり話せて母も嬉しそうでした。
数日後に退院できるようです。

その後文房具屋さんで漫画ペンやインクを購入。

漫画ペンとインク

地元の本屋さんでは売ってないんですよね。いつもそとまわりのとき購入しています。

鹿児島では大きな街でないと漫画を描くにも道具そろえるだけでも大変なのかもしれませんね。

スクリーントーンとかも久しぶりに見てたら欲しくなったのですが、スキャンしてデジタル処理したほうが効率いいと思ったので我慢。
部屋も散らかりますしね。

もえる年賀状2009丑

昨日は久しぶりに本屋へ。

季節柄ですね。年賀状の素材集がいっぱいならんでいました。

変わったものとしては、もえる年賀状2009丑 (メディアボーイMOOK) なるものも発見。

帰ってからアマゾンのレビューなど見ると「コピーや画像の加工を禁止」ということで、本当に素材集なのだろうかと思いましたが、ネタとしては楽しいですよね。

来年は丑。どんな年賀状にするか模索中です。

はネタにしやすかったんですが、丑は難しそうです。

スタジオジブリ・レイアウト展

スタジオジブリ・レイアウト展が先月まで東京都現代美術館で開催されていました。

アニメは実写と違い偶然何かが写るということはありません。
絵コンテを基に、背景とキャラクターの位置関係、動きの指示、カメラワークの有無やそのスピード、撮影処理など、そのカットで表現される全てが描かれたレイアウトというものを作成します。

スタジオジブリ・レイアウト展は、「風の谷のナウシカ」から「崖の上のポニョ」までのレイアウトを1300点も展示するというアニメ好きにはたまらない展示会です。

公式サイトをうらやましそうに眺めて過ごしていたのですが、東京の友人から荷物が届き事態急変!

スタジオジブリレイアウト展

こ、これはすごいお宝ですよ!

レイアウト展図録と実寸レプリカがはいっておりました。
鼻血がでそうです(笑)

まだ仕事中なのでパラパラとしかみていないのですが、ものすごい内容の濃さです。

あーMくん本当にありがとう!

のはらしんのすけ儀塾大学開校

昨日は9月4日ということで「くれよんの日」でした。
そこにのはらしんのすけ儀塾大学開校の記事。

サイトも作りも本格的で一瞬何だこれとおもいました。
アクセスマップとか見ると住所など公開されてないので、ネタなんでしょがこれは面白いですね。
春日部はしんちゃんがいてうらやましいです。

「篤姫」による経済効果の記事を拝見したのですが、資産よりも低い伸び率だったとのこと。

視聴率は21世紀になって放送された大河ドラマの中では最高らしいので、アプローチの仕方なのかな?
少しお手伝いさせていただいているサイトの運営会社さんは、そこらへんとても上手にされ利益出されている印象があったので、リンクのさせ方というか、世への出し方というかそこらへんの問題なのかもしれませんね。

感無量な瞬間

午前中は鹿児島市内で打ち合わせ。
社長さんの話を直接お伺いできるとやはり、コンテンツ案もどんどん浮かびます。
個人作品を作っているわけではないですからね。何を持ち帰るかは拘らないといけない部分だと心得ています。

その後戻って校正OKの出ていたサイトのドッキング作業。
これで人の目に触れる機会がうまれるわけで、緊張しながらも嬉しい。
感無量な瞬間です。

ありがたいことに6月も忙しくなりそうです。