トップ≫ CG・映像・イラストのこと

「映像メディアはどうなるか~ネットの世界は今~」

昨夜は9時からゆくささんを拝聴。
やはりラジオは楽しいですね。自分でもいつかやってみたいです。
さつまっ娘さんの歌声も素敵でした。

その後NHKBSの「映像メディアはどうなるか~ネットの世界は今~」 を観ました。
放送記念日の特番で、ネットの映像メディアに関する話題。
イギリスのグリーンテレビ(GreenTV)やアメリカの参加型ニュースサイトディグ(digg) 、アメリカのフェイスブック(Facebook)などが紹介されていました。

グリーンテレビは、運営方針や映像掲載のガイドラインなど、参考になりました。
日本サイトも紹介されていたのですが、スタッフの方の仕事のやり方というか面白かったです。日本全国様々な方が参加されています。

最近スカイプを仕事趣味療法で活用しているのですが、自主制作アニメの声優さんとか見つけることもできそうですよね。
初音ミクなどもそうですが、制作の現場とかスタイルなどもどんどん変わっていくのかもしれませんね。

今夜の「新動画時代 メディアが変わる」も面白そうです。

グーグルアースが守った森

昨夜の素敵な宇宙船地球号は、グーグルアースを使った環境保護に関する話題でした。

グーグル本社にカメラが入り社内の取り組みが紹介されたり、グーグルアースを利用した環境保護への取り組みが紹介されたいました。
小学校の取り組みとか面白かったです。

最近報道番組でもグーグルのロゴ見る機会が増えましたよね。

イラスト生産中

昨日からイラスト描いたり、パーツ作ったりの作業続行中。

3Dであたりをとって、パース画的なものを書いたり、キャラクター描いたりしています。

パース画的もの

自主アニメで試していた手法が、仕事にも使えて嬉しいというか、絵を描く仕事は楽しいですね。
果物とか普段描かない絵を描くのも楽しいです。

いまやっている仕事は、制作実績に載せられるものがほとんどなのでもう少ししたらサイト紹介できると思います。リンクしたらぜひご利用ください。

絵を描く環境もフルデジタル化を模索していた時期も合ったのですが、やはり臨機応変、仕事や作風にあわせて選ぶのが一番ですね。

 

「神ツール」――初音ミク踊らせるソフト「MikuMikuDance」大人気

ITmedia Newsさんの記事です。

これは確かに神ツールですね。

先日の記事でも書きましたが、ニコニコ動画などの動画投稿サイトのおかげで自分の作った作品を投稿し、それに関する感想もらったり、クリエイター同士の交流が深まったりと、面白い時代になりましたね

日本人全員クリエイター

「つながるテレビ@ヒューマン」昨夜は「“ネット動画”の未来をサキヨミ!!」という特集。
涼宮ハルヒの憂鬱や初音ミク、ニコニコ動画に関する話題が紹介されていました。

その中で初音ミクを使って作品を投稿している方の話があったのですが、その作品制作の流れというか、制作後の流れがとても面白い。
曲を作ったAさんが作品発表後、まずその曲に合うイラストを描いてくださるBさんが現れる。
さらにそれに動画を添えるCさんが現れ、さらにそのイメージに合うように歌詞を考えたDさんも出現。
その歌詞をもとにAさんが、新しい曲を作るという流れです。
当然皆さん自分自身が楽しんでやっていることなので、無償で自分の才能や技術を提供されています。

動画サイトは著作権的の問題などダークな面が取り沙汰されることが多いですが、こういった新しい作品制作の形や、うまくつかえば広告手段としても動画サイトは有効に利用できると思います。

アニメ業界の友人も動画サイトのおかげで作品のファンが増えて、DVDも売れているということを話していました。
動画サイトで見たとしても、DVDは別に買う。アニメファンはそういう方多いような気もします。

電脳メガネ

こんな記事を拝見しました。

最近はこういった技術もあるので、電脳メガネ自体は作れそうですよね。

こういうことができます。

ニューロマンサーも映画化するようですし、電脳メガネ実現したら面白いですね。

大学のときOpenGLに触れる機会あったんですけどね。最近ではプログラムに触れる機会は少ないです。

地方自治体のバナー広告

昨日は夕方から打ち合わせ。お客さんの家で晩御飯までご馳走になりました。

打ち合わせの内容も充実していました。
ブログもまねに更新してくださっています。最初は
「パソコンぜんぜんだめなんだよね」
とおっしゃっていたのですが、いまは
「あんな記事書いたら、こんな反響があったね。次はこんな記事かいてみようかな」
という感じです。

打ち合わせの中で、地元地方自治体の広告枠を利用するかという話になりました。
いまはほとんどのサイトでバーナー枠など販売されていますよね。

きちんとアクセス状況などわかれば個人的にも試してみたいです。

インド、独自アニメに力

昨日の日経産業新聞の記事です。
インドで下請けというイメージはなかったのですが、ディズニー系の作品をされているんですね。

いまアニメはサザエさんを除いてはすべてデジタル化しているので、IT先進国のインドが本気を出すと強いでしょうね。

サザエさんは伝統芸能に近いものがあります。セルが起こしもハンドトレース、背景は全カット書下ろしでバンクは使っていないという凄さです。
こちら趣味のブログでサザエさんについて書いた記事。

インドは日本の小学生に相当する年齢層が約1億4000万人くらいいるそうなので、一度ヒットが出ればキャラクター商品などの売り上げもすさまじいでしょうね。
日本だと日曜朝の女の子向け番組とかがやはり人気・売り上げともに強いのですが、インドはどんな作品が流行っているんですかね?
添えられていた写真は、アレキサンダー戦記っぽいものでした。

インドにしても韓国にしても国を挙げて、アニメーターを育成しているのがうらやましい。
一部の大学を除けば、専門学校しかアニメを学べる場所無いですよね。

東京でアニメをしていたころも、私の尊敬する監督さんが専門学校の講師をされていたのですが、同僚と
「韓国だったら大学教授扱いだよね」
というような話をしていました。冗談交じりに話していたのですが、日本のアニメの立ち位置を感じさせる話題だなと思います。

先日広告代理店さんと車中で、ひょうたん書店さんが 深夜枠のアニメのスポンサーをされている話になったのですが、いくらくらいで好きなアニメを鹿児島で流せるか、いろいろアドバイスもらいました。
数年のうちには、深夜でアニメを流して、そこにじぶんとこのCMが流れるというようなこともしてみたいです。
出来れば友人が大勢参加している作品がいいな!

丸ペン

久しぶりに丸ペンを使って絵を描いたのですが、想像していた以上に描きやすくお気に入りになりました。

画材は、仕事の内容や用途に合わせて変えているのですが、そのままスキャンしてパソコンで塗るという作業が多いので、これからは丸ペンで描こうかなと思いました。

アニメの仕事をしていた関係で、鉛筆でのクリンナンップが一番なれてはいるのですが、Adobe After Effectsのアンチエイリアスプラグインが使えなくなり、どうしようかなとおもっていたところなので、丸ペンの描きやすさは意外な発見でした。

たぶん以前は書きやすい方向に紙を回すという考えにいたらなかったからか、ガガッとひっかかって描きにくい印象だったんですよね。

そういえばまんがの達人の2号も出てますね。

モデリング

久しぶりにモデリングなどしています。

やはり3DCGは楽しい!モデリングも楽しい!セットアップはまぁまぁ楽しい。そのあとのアニメーションはかなり楽しい!

動画サービス用のドメインとサーバは準備しているのに、まだサイト出来ていない状況。
お客さんとのデータやり取りだけに使用してます。

焦って失敗したくは無いのでじっくり進めていきます。