トップ≫ CG・映像・イラストのこと

<前の10件の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9

レンダリング時間

基本の記事の投稿が終わりました。
ひと安心。このあとは締め切りまで、ひろげる作業をしていくつもりです。
明日は講習なのでその準備もしないといけません。

映像の編集作業も始めたので、いまはレンダリング時間中にこの記事書いています。
結構時間がかかるので、その間は別マシンで作業しています。

スペックを上げた映像用のマシンの購入を考える時期が来たのかもしれません。
今月は映像系の仕事の入金もあるのでそれを購入に当てるかもしれません。
映像系の仕事は増やしていきたいので、自己投資ですね。

DVDオーサリングソフトが欲しい

昨夜いろいろ映像系のソフトいじっていたら、DVDオーサリングソフトが欲しくなりました。

以前お世話になっていた会社で使っていたAdobe Encoreを狙っています。
Photoshopを組み合わせると簡単にメニューを作成できます。
さすがにSonic Scenaristは、どれだけ仕事すれば回収できるかわからないので自重です。

Adobe Premiere Pro CS3へのバージョンアップなら、Adobe Encore CS3がついて26000円くらいです。
でもそうなると映像用に別にパソコン買いたくなります。レンダリング時間を考えてもその方が有効だなと思ったり・・・

いま売上のほとんどがWEB関連なのですが、映像関連の仕事の割合は今後増やしていきたい部分なので真面目に購入考えてみようかなと思っています。
パソコンは高くつくだろうな・・・
頑張って働いて回収しなければ!

エジソンの言葉

打ち合わせから帰ってきてから、お客様にいただいた課題が可能かパソコンとにらめっこが続いています。
お客様から預かるデータの形式によっては、従来使っていた方法が使えない場合も多く焦ります。
とくに映像系はコーデックの問題などで読み込んでくれなかったりすると、ものすごく遠回りな作業をすることになります。
今回は、4つくらいアプリケーションを組み合わせれば出来そうなのでひと安心。DVDのオーサリングまでいけそうです。
こういった作業は大変ですが、自分の経験値は上がった気がして楽しいです。

私が尊敬する偉人のひとり発明王トーマス・エジソンが、成功するための最も最善の方法としてこんな言葉を残しています。

「もっとうまくやれる方法があるはずだ
それを探し出せ
人間の最大の弱点は、
諦めてしまうことである。
   
成功するための最も最善の方法、
それはもう一度試みることである」

私が作業に取り組む際、いつも忘れないようにしようと心がけている言葉です。

CG映像 素手で操作

今日は朝から鹿児島市内で打ち合わせ。普段はWEBを使っての打ち合わせがほとんどなのですが、たまに会うと話も盛り上がりますね。今月締め切りの仕事です。CG映像 素手で操作筑波大学発ベンチャーのビジブルインテリジェンスさんが、素手のジェスチャーや音だけで、三次元のコンピュータグラフィックス映像を簡単に操作するシステムを開発したという、2007年3月15日の日経産業新聞の一面記事です。 これは面白いですね。市販のウェブカメラを使用し操作するらしいです。 大学生の頃、友人が卒業研究でヴァーチャルリアリティの研究をしていましたが、磁気式のシステムで、ものすごく大掛かりな装置を使っていました。 このソフトが実用化されれば、プレゼンの現場などにもCGがより使われるようになったりと、いろいろ面白いことが出来そうですね。

3DCGトーク

今日は、打ち合わせに行った先で3DCGの話をする機会がありました。
打ち合わせ自体は、WEBに関するものだったのですが、3DCGを担当されている方と顔合わせさせていただき、お話させていただく機会を得られました。

その方は、Lightwave 3Dを以前は使っていらっしゃり、いまは3ds maxをメインに使われているそうです。
私の歩んできた3DCG道とまさしく同じだったので、話も大変盛り上がりました。
鹿児島でこんな3DCGトークができるとは、嬉しい限りです。
3DCGに関係する知り合いの方もどんどん増やしていきたいですね!

<前の10件の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9