トップ≫ オススメ情報

お客様の生の声を聞くインタビュー調査のすすめ方

お客さんのことはお客さんに聞くのが一番の近道。そうわかっていても実践するのはなかなか難しいものです
この本はインタビュー調査とはどういうものか、どういった手順で取り組むのか、そこから得た情報をどう活かすのかが実例を交えて丁寧に解説されています

仕事に取り組む中で、自分が想定している商品・サービスに対するイメージとお客さんがイメージされているものとはギャップがあったりするものだと思います。
そういったときお客さんへのインタビューなどを通して、お客さんの現状を把握したり、商品サービスに関するアドバイスやヒントいただけば、それだけ遠回りをしなくて済むということなので「お客様の声」に耳を傾けることの重要性は多くの方が理解していると思いますが、実際にインタビューするお客様と対峙した際は、準備不足でうまく情報を引き出せなかったり、質問してもYESやNOで答えられるような質問をしてしまったりと、なかなか難しい場面も多いのではないでしょうか。

この本はインタビュー調査とはどういうものか、どういった手順で取り組むのか、そこから得た情報をどう活かすのかが実例を交えて丁寧に解説されています。
企業の実務担当者さんにむけて書かれた本なので、専門用語を使わす、身近な事例やケース用いてインタビューのノウハウを紹介されているので、インタビュー調査についての実用的な情報を手に入れることができます。

マーケティングの本としても良書です。インタビューをもとにPDCAサイクルを回そう

なぜインタビューを行うのか?それをどう活かすのかまで丁寧に解説されているので、内容も「ライフタイムバリュー(顧客生涯価値)」や「CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)」といった話題にまでふれてます。
顧客維持はどういう仕事においても重要な要素だと思うので、インタビューを通して、お客様が何を望んでいるのか、それに向けて商品やサービスをどう進化していくのか、逆に何を残していくのか考え、商品開発以外の広告などのプロモーションなどにもインタビュー調査は活かしていけます。

何かあたらしい商品やサービス思いついたら、いまいるお客さんにまずはインタビューしてみるのが近道かもしれません。
良い事ばかり言ってもらえるとは限りませんが、本の中でも紹介されている通り「結果情報」ではなく「理由情報」が重要だと思います。
情報を集めるだけでは意味がないですから、インタビューで得た情報をもとにPDCAサイクルを回して自分の商品やサービスをより良いものにしていくことができるのではないでしょうか。

インタビューにも弱点はあります。リスクを減らすためにもきちんとステップを踏むことが重要です

インタビュー調査ならではのリスクを減らすための具体的インタビュー調査のステップも紹介されています。
目次で言うとPart6からPart9。そのタイトルは以下の通りです。

  • Part6 お客様へのインタビュー調査を企画しよう
  • Part7 インタビュー実施に向けた準備の段取り
  • Part8 上手に話を聞き出すインタビューの実践ノウハウ
  • Part9 発言内容を分析し、役立つ情報を抽出するステップ

読んでいて面白かったのが、Part8で紹介されていた「投影的手法」です。
おいしい、楽しいなど漠然とした表現や感想を、コラージュ法や擬人法、マッピング法などを用いて語ってもらおうという手法です。
こういう手法はアンケートなどの定量調査では得られないインタビュー調査ならではの手法だと思いました。

定性調査であるインタビュー調査では難しい分析という作業も、様々なケースや実例をもとに紹介されていました。
どうしてもインタビューされる側する側のフィルタがかかってしまい、事実が見えにくいときもあるかとは思いますが、貴重な「発言」を拾うためのノウハウや、発言録を作成するうえでの留意点も紹介されています。

「現状分析」から「戦略立案」まで。インタビュー調査の活用法を学べる貴重な本です

著者の福井さんの経歴を拝見すると、メーカーからリサーチ会社を経て、いまはコンサルティング業務に関わられているそうです。
現場のスタッフさんやお客さんから得たものを、きちんと商品開発などに活かす。その流れを本当にわかりやすく紹介されているこの本も、そういう福井さんの経歴から得たものや実際に経験したものをもとに書かれているのですんなり入ってきます。
やはり実例が多い本はいいですよね。
巻末のマタニティ専門のウエディングドレスショップの開業に向けてのケースステディも興味深く拝見しました。
マタニティ専門ウェディングドレスショップJADEEさんに関するケースステディです。

お客さまの"生の声"を聞くインタビュー調査のすすめ方は、「現状分析」から「戦略立案」まで、インタビュー調査の活用法を学べる貴重な本です。
企業の実務担当者さんはもちろん、誰かと会って実際に話をする機会の多い営業さんなどもにもお勧めいたします。

こちらの本は、本が好き!さまの初献本としていただきました。

書いた書評に応じて献本が貰える本好きのためのコミュニティということで、様々なジャンルの本が献本リストにあります。
本好きの私としては目移りしてしまったのですが、その中でも目を引いたのですがこちらの本でした。
仕事の忙しい時期と重なり少しづつしか読み進められなかったのですが、読み応えのあるとてもいい本でした。
献本してくださった本が好き!さまにあらためてお礼申し上げます。

お客さまの
福井遥子
実務教育出版
売り上げランキング: 159356
おすすめ度の平均: 4.5
5 具体的なノウハウが満載の好著(調査のプロではない人へ)
4 説明の通りです

水木しげる ゲゲゲの大放談

水木しげる ゲゲゲの大放談読了。

私が毎朝楽しみにしているゲゲの女房の旦那さん水木しげる先生とゲストさんの対談集です。
ゲゲゲの女房武良布枝さん、ゲゲゲの娘武良悦子さん、中川翔子さん、佐野史郎さん、南伸坊さん、荒俣宏さんといった多彩なゲストと繰り広げる抱腹絶倒のスペシャルトークが掲載されております。

ゲストさんは水木先生の身内の方や大ファンの方ばかりということで終始楽しそうに対談されている様子が文面からもみてとれて、一気に読んでしまいました。
対談の中で何度も語られているのが寝ることの大切さ。私も仕事柄徹夜などもするのですがやはり寝ることは大事ですね。。
水木先生は著書の中で「怠ける」ことの大切さをよく語られているのですが、これもドラマで描かれているようなそこにいたるまでの努力や仕事に取り組む姿勢を毎朝みていたあとだとさらに重みが増す言葉だなと思います。
いつか怠けるためにいま頑張らねばですね。

それとこちらの本には、水木先生大躍進のきっかけになった「テレビくん」も収録されています。
テレビくん自体のコミックスもでているのですが、ドラマ人気で売り切れ&中古は高騰状態なので、テレビくん読みたいなと思っていた方にもおすすめです。
45年前の作品ですが、いまみても面白かったです!


ドラマ「もやしもん」BSフジは8月7日(土)25:00~

明日からノイタミナ枠で、ドラマ「もやしもん」始まりますね。

鹿児島の私はBSフジで見ることになるので、1ヶ月くらい先になりそうなのですが、キャストも原作のイメージに近かったですしいまから楽しみであります。
菌の活躍にも期待ですね。

昨日今日とHP用の写真撮影のため味噌作りの現場にお邪魔したのですが、菌の力は本当に凄いですよね。
頑張って美味しい味噌や醤油などを作ってくれるのです。

バーダルのケミカル商品試してみました

今日は午前中池畑モータースさんの仕事で入来町へ。
サイトやツイッターに関する打ち合わせだったのですが、サイト制作中から気になっていたバーダル社のケミカル商品でメンテナンスしていただきました。
サイトでも案内している3点セットです。

D-A-C/ダイレクト・アプリケーション・クリーナーで吸気系各部、燃焼室の洗浄したあと、オイルとエレメントの交換、B2/ビーツー オイル添加剤とAC/エーシー エアコン用添加剤を注入といった感じ。

バーダルケミカル商品



いちき串木野に帰るには山道を通るのですが、今日は帰宅時の運転がとてもスムーズ。
仕事でお世話になっている愛車なので、少しはいたわってあげられたのかなとひと安心。
運転がさらに楽しくなりそうです。

本が好き!

私が学生時代は本屋でバイトしていたり、外回りで出先の図書館を覗くのが趣味だったりと昔から本好きなのですが、本好きの方にオススメのサービスみつけたので紹介します。
書いた書評に応じて献本が貰える、本好きのためのコミュニティ「本が好き!」です

書評を書いて公開できるサービスは色々ありますが、本が好き!の面白いところは、書いた書評によってポイントがたまり、ポイントにより献本の抽選に応募できるようになります。
当選すると本がもらえます。

私も興味がある本の献本があったので、希望出してみたのですが、今朝発送されたとの連絡が!
読んだらこちらのブログにも感想書く予定。
到着がいまから楽しみです。

検索エンジンがとびっきりの客を連れてきた! 読了

検索エンジンがとびっきりの客を連れてきた! 中小企業のWeb2.0革命読了。
検索連動型広告を上手に利用されて、ビジネスチャンスを広げてきた事例を紹介されています。
2006年発売と少し前の本なのですが、テクニックでなく事例集ということで、自分のビジネスや商品を紹介するために、検索連動型広告をどう利用されているかが、わかりやすく解説されています。

こちらの本で紹介されているサービスや商品は、福井の鯖寿司、姫路の金庫、福岡の倉庫、京都の味噌など、その内容も企業としての背景も様々ですが、検索連動型広告をうまく利用されて、販路を広げたり、ピンチから回復されたりといった様子が、インタビューをもとに中の人の言葉で熱く語られています。
みなさん自分の商品サービスに愛があるんですよね。引き込まれ一気に読んでしまいました。

自分のサービス・商品を必要としている人たちに対して、自分の貴重な「時間」や「予算」を使える。
これが検索連動型広告をふくめたWEBサービスの強いところ素晴らしい部分だと思います。


たとえば「自分のサービスや商品 地名」とかで広告出せば自分のサイトが表示されるわけですが、こういったキーワードで検索される方は、そういった商品サービスに興味のある方が多いでしょうし、うまくアプローチできれば、実際に購入まで至る可能性は他の広告手段と比べても費用対効果が高く保てるわけです。

検索連動型広告自体は、選ばれた人しか利用できないというような内容のものではありませんから、誰にだって、何時だって始めることができますが、やはり実際の店舗を運営するのと同じように、お客さんを迎えられるように様々なコンテンツを用意しておく必要があります。
この本のなかでも、実際にサイトを訪れてくれた方に対してどういったコンテンツを用意されたのかなど詳しく紹介されていました。

SEOやSEMはテクニック集的な本も多く発売されていて、内容も良いもの悪いものあたり外れも激しいのですが、こういう事例集的なものはやはりいいですね。
前述したとおり少し前の本なのですが、変わらない真実があるような気がしました。



本が好き!書評へ

Twitter使いこなし術読了

Twitter使いこなし術 を読み終わりました。

これは良い入門書解説書です。
記事中にもあるのですが、あるていどフォローする人が増えてくるとクライアントソフトがないとどうしようもなくなるのですが、特に人気の高いTweetDeckとHootSuiteについて詳しい説明があるのはいい感じでした。

Twitterに限らずほとんどのWEBサービスは、受身でいてもその恩恵に与れないし、面白さもわからない気がします。
自分の好きなものを好きといってくれる人と知り合えるチャンスが増えるというだけでも、わくわくしてTwitter使って見る価値はありますよね。
私も最近別所ブログで本の感想かいたことをつぶやいたら、作者さんがリツイートしてくださったことがあって、驚き恐縮するとともに、ブログ更新するモチベーションがものすごく上がりました。

どうやってフォロー増やすか、利益を出すかという本や話題の多いTwitter周辺ですが、セルフブランディグツールとして大事に扱う方が長い目でみるといい気がします。

そういう意味でも事例も多く丁寧な解説をされているこの本はいい感じでした。
「Twitterって何?」
と聞かれるときも多かったので、クライアントさんなどにオススメしてみたいと思います。


Twitter使いこなし術

  • 根岸智幸
  • アスキー・メディアワークス
  • 780円

Amazonで購入
書評

「USTREAM 世界を変えるネット生中継」読了

USTREAM 世界を変えるネット生中継 読了。

個人が簡単に動画をウェブ配信できてしまうサービスUSTREAMの解説本です。
著者の川井さん自身もUSTREAMを利用されているということもあり、単なるサービスや機能案内でなく、実際に利用してみようと思える解説本になっております。

USTREAMは本当に面白いですよね。最近はブラウザのタブひとつはUSTREAMにしておいて気になるチャンネルBGM代わりに聞いております。
いまも裏でジョージア新商品発表会を視聴中です。



自分メディアをもって自分の興味のある話題を語る、語り合うというのは素晴らしいですよね。
趣味の世界ではいろいろ試していたりもします。
TRPGなどの話題を語ったり、面白い活動をしている人をゲストに話を聞いたりするポッドキャスト形式のブログです。
自分の話しはするのはもちろん楽しいのですが、こういう活動していますという感じに自分の興味のある方と話をする機会ができるのも楽しいんです。
声もかけやすいです。
こういう趣味での活動は仕事のほうにもいろいろフィードバックしていければなと思っています。
あまり商売っ気がない感じに、鹿児島の面白い人に会いにいく!敵なものになればと妄想中です。


USTREAM 世界を変えるネット生中継
  • 川井拓也
  • ソフトバンククリエイティブ
  • 767円
Amazonで購入
書評

荒川でホタル

今日は(すでに昨日ですが)ひどい天候でした。
地元のイベントもいくつか中止になったようです。
荒川ほたるでナイトも今夜が二日目だったのですが、中止だったようです。

ホタル自体はどこかにいったわけではないので、興味のある方は荒川のほうにでかけてみてもいいかもですね。
串木野市のサイトに市内ホタル観賞ポイントの案内があったので、ぜひご覧ください。
これみると冠岳でもみれるようですね。

荒川ほたるでナイトは私もいったことあるのですが、ホタルの来る川になるまでの地元の方の努力などお聞きし感動した記憶があります。
地元にそういう方がいること、ホタルの川があることは、なにか嬉しい誇らしい気持ちになりますね。
地元アニメを作るときはホタルのシーンはいれたいなと思い中です。

twitterやustream関連本購入

twitterやustream関連本購入しました。



USTREAM 世界を変えるネット生中継 は、アマゾンで注文していたのですが、早めに届いてラッキーでした。
本自体はまだ仕事中なので読んでいないのですが、ustreamは面白いですよね。
生で配信できる自分メディアを簡単に持てるようになったというのは本当に凄いことだと思います。

昨夜のNHKの番組「鶴瓶の家族に乾杯」に、市原FM放送の現役高校生DJの子達がでていたのですが、とても楽しそうな様子でした。
検索してみたところ番組のサイト運営していたり、ブログやtwitterでの情報配信などされていて本格的でした。


出す情報は厳選したほうが良いにしても、どんどん情報を表に出した方がいろいろチャンスは広がりますよね。
そういう意味でもustreamは面白そうです。