トップ≫ WEB・SEO・SEM・LPO

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報案内がありました

「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報案内がありました。

簡単にいうと検索の結果に、 スマートフォン表示への対応がされているかどうかを反映していくという発表です。

これはなかなかシビアな話題なので、普段営業的な電話やメールをすることはほとんどないのですが、サポートをさせて頂いているクライアントさんに向けて、こちらのGoogleの発表の案内と、レスポンシブWEBデザインへの提案の案内を出させていただきました。

検索エンジンの仕組みは複雑ですし、競合サイトのスマートフォン対応などの検証もいるのでしょうが、実際スマートフォンの普及に伴い、 サイトをスマートフォンで見る方が増えてきているのは間違いありません。
昨夜から今朝にかけてWEBマスターツールから、モバイル ユーザビリティ上の問題が検出の案内がいっぱい来ていたので、この機会にスマートフォンにも対応した サイトへのリニューアルをされるのはどうかと思い、メールを出させていただきました。 

作業的にはレスポンシブWEBデザインという技術を用いて、 モニターサイズやブラウザ(インターネットエクスプローラーやGoogle Chrome など) の横幅にあわせて、サイトの見た目を変えるリニューアルをすることになります。

レスポンシブWEBデザインでの制作依頼は増えていて、 昨年手がけたサイトは、全部レスポンシブWEBデザインでした。 
こちらのブログもレスポンシブWEBデザインなので、試しにブラウザの横幅を狭くしてもらえると、 上部のメニュー部分がプルダウンメニューに変わったり 、サイドのメニューが下の方に回り込むのをご確認いただけると思います。 

ご自身のサイトがモバイル フレンドリーかを簡単にテストできるサービスもありますので、サイト運営されている方は調べてみるのもいいかもしれません。

自分のサイトのURLを入力するだけでチェックができてとても便利です。

モバイル フレンドリー テスト

スマートフォンやタブレットで見やすいサイトというのは、当然サイトをみに来てくださる方にとっても参照しやすいわけなので、これはこういうことになるんだろうなと思います。
サイト運営もホスピタリティですね。

昨年レスポンシブWEBデザインへのリニューアル作業をしたサイトは、ビッグキーワードで50位くらいだったのが10位くらいまで上がったサイトがありました。
「鹿児島 狙っているビッグキーワード」などで、見込み客の絞り込みをすることがほとんどなので、そこまでビッグキーワード単体での順位は狙ってはいないサイトでしたし、コンテンツの集約や追加作業なども同時に行ったので、モバイル フレンドリーだけで順位がアップしたわけではないと思いますが、少なくとも悪い面はないと思うので、モバイル フレンドリーは今後サイトを運営されていくなら大事なってくると思います。

 

 

 

「Google が掲げる 10 の事実」サイトを運営する側として何をすればいいかいろいろ見えてきます

Google が掲げる 10 の事実久しぶりに見直したのですが、「Google が掲げる 10 の事実」サイトを運営する側として何をすればいいかいろいろ見えてきます

Google が掲げる 10 の事実は、Google の理念として紹介されているページです。

Google が掲げる 10 の事実
  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

https://www.google.com/intl/ja_jp/about/company/philosophy/

Googleがどういう会社か伝わってきますし、そういうGoogleが提供されているサービスにマッチングしていくために何をすべきかもみえてきて、気合を入れ直すことができます。

Googleなどの検索エンジンの進化とともにサイトを運営する意義や費用対効果も増してきていると実感することも多いです。

必要としている人に必要な情報を届ける仕組みは、間違いなくGoogleがしてくれるので、選んでもらえるコンテンツや導線の整備がますます大事になってきそうです。

エックスサーバー全プランディスク容量増加

エックスサーバーが全プランディスク容量増加してくれるみたいです。
よく借りているサーバなのでありがたいです。

こんな感じに容量アップするみたいです。

■ディスク容量詳細

  X10プラン:40GB から【50GB】へ
  X20プラン:80GB から【100GB】へ
  X30プラン:160GB から【200GB】へ

月額1050円で50Gはすごい時代になりましたよね。
エックスサーバーは、マルチドメイン、サブドメイン、メールアドレス、FTPアカウント、全て無制限なので、自分でサーバ借りてサイト作ろうかなという方にオススメです!

Seesaaブログがリニューアル

Seesaaブログがリニューアルしたみたいです。

インターフェースがだいぶ変わりました。 
デザインなどカスタマイズしやすいところは変わらないようでひと安心。

外部連携はいろいろ面白いのが追加されましたね。

スタッフブログなどSeesaaブログ利用されているクライアントさんが結構いらっしゃるので、自分でもいじって情報お伝えできればと思っています。

 

mixiページに外部CSS機能があるといいのに...

mixiページの作業中。 mixiページの作業をするたびに外部CSS機能があるといいのにと思います。 直接スタイルしてするのはやはり面倒ですよね。 最近楽天S4もmixiページに対応したようだし、いつか改善されると嬉しいです。 あと改行を
タグに変換する機能の切り替えがあるとさらに幸せです。

サキどり↑"ITの宝石"Rubyで輝くまち

久しぶりの日記更新はまたもNHKのサキどり↑の話題。

今朝の放送では、松江市のRubyを使ったITの取り組みが紹介されました。

番組ではJR松江駅前に作られた、時代の潮流であるオープンソースソフトウェア(OSS)に特化した、研究・開発・交流のための拠点として、『松江オープンソースラボ(松江市開発交流プラザ)』での勉強会の様子や、高専の学生さんが作られたプログラムなど紹介されていました。

ITを使った地域活性の事例とても興味深かったです。

自分のやりたい仕事に就くために、自分の地元以外の場所に就職するしかない、そういった状況もITなど活用して変わっていけると本当に素敵ですよね。 

TVなどで紹介してもらえるような商品・サービス

忙しくなってくるとブログ更新率が下がるので、つぶやきからブログネタになりそうなものサルベージしていくことにしました。

今日は出先の打ち合わせで話題に出たプレスリリースや、、マスコミ対策に関する話題が興味深かったです。

  • 10:46  今日は昨日決まった仕事の撮影とインタビューにいって来ます!  #

  • 12:42  インタビューと撮影終了。やはり地元の仕事は移動など便利ですね。  #

  • 12:44  プレスリリースやテレビの取材の話になったのですが、そういった対応苦手だと言われる方多いですよね。  #

  • 12:47  私がサポートしているネットショップも、テレビで紹介された商品が、一晩で数百万円売れたということがありました。ちゃんと準備できていれば有効ですよね  #

  • 12:49  地元の方向けにプレスリリースやマスコミ対応のセミナーみたいなのすると喜んでもらえるのかも。ちょっと考えてみよう  #

今の仕事のスタイルを崩すことなくきちんと準備できるといい感じですよね。
プレスリリース最近読んだ本ではこちらなど面白かったです。

広報・PR 実務ハンドブック
山見 博康
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 282253
はじめての企業PR100問100答 (アスカビジネス)
山見 博康
明日香出版社
売り上げランキング: 151406

TVなどで紹介してもらえるような商品・サービスを生み出すために、維持するために仕事に取り組む時点で素敵ですよね。

WiMAX家の周辺もサービスエリアになるようです

WiMAX家の周辺もサービスエリアになるようです。

どうにか2011年12月末までに拡大予定のサービスエリアという部分に入っています。

今日も出先のお客様がスマートフォン利用されていたので話題に出たのですが、WiMAXはやはりいい感じですよね。

いま実記検証は妹のスマートフォンを借りているので(いつもありがとう)エリアに入ったらスマートフォンに切り替えようかなと思っています。

今日はネット上は、auでiPhoneの話で盛り上がっていましたが、ユーザーにとっては選択の幅広がるのはありがたいですよね。

Googleトップページのなぞの矢印

Googleトップページのなぞの矢印が表示されていました。
最初戸惑ったのですが、Google+アカウントを案内していたんですね。

「Google+ がすべての方に使っていただけるようになりました!今すぐ登録」という案内も表示されます。

9月21日から招待状なしでも参加できるようになり、便利になりましたね。

私は知り合いの方に招待していただいていたので、ちょこちょこさわっていたのですが、ITmedia ニュースさんに記事など見るといろいろ試してみたい機能いっぱいです。

スケッチブック機能では絵を共同で描くとかとても楽しそうです。

顔合わせずに仕事したいとは思いませんが、便利な機能はどんどん導入していければと思います。

 

コラボレーション支援ツール「Trello」とても便利です

コラボレーション支援ツール「Trello」使用してみました。
一人で使ってもかなり便利です。

こちら紹介動画。

こんな感じのインターフェースです

コラボレーション支援ツール「Trello」

「Welcomeボード」と呼ばれるものに、「リスト」という名前のシートを貼り、、その中で「カード」という情報を管理していきます。
私が作ったリストは、

  • 今日の予定
  • 進行中
  • 連絡待ち
  • 完了・入金待ち
  • 仮置き場

の5つでとりあえす利用しています。
ラベル分けもできるので、一番多い仕事はノーラベル、趣味が青、経営周りのものは赤で管理しています。

Trelloは、ドラッグ・アンド・ドップでリストやカードを自由に移動させることができます。
進捗を見た目で確認できてとてもいい感じです。

カード移動

カードはとても機能が豊富です。
コメントを添えたり、画像などのファイル共有やチェックリストによるタスク管理なども行えます。
チェックリストのタスクは、優先順位にあわせてドラッグ・アンド・ドップで移動できて便利。
進捗状況も何分の何済んだか表示してくれるので便利です。

カード内容

ひとつのカードに複数のチェックリストを作ることもできます。

「今日の作業」リストに「小さな作業」というカードを作って利用しているのですが、「誰々に電話する」など細かい作業を書いておくと忘れずにすむので便利です。

カード

チーム向けのコラボレーション支援ツールということで、カードごとにメンバーを追加したり、更新内容もトップ画面に随時案内してくれます。
情報共有に本当に便利です。

仕事はもちろんですが、趣味の活動にも使えそう。
同人誌制作などかなり快適に情報共有できるのではないでしょうか。

登録は無料なのでぜひお試しください。

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11