トップ≫ WEB・SEO・SEM・LPO

Movable Typeのモジュールテンプレート

昨日はひたすらMovable Type作業。

最近は1ユーザーライセンス付きのサーバ+外部ブログサービスというパターンが増えてきました。
テーマごとにサイトを分けるのは意味のあることですし、コミュニティ機能の充実したブログサービスだと、立ち上げ時の集客の意味でも有効かと思います。

一つのサイト作るにも、オリジナルデザインのサイトだと、複数のブログを組み合わせて作ることがほとんどなのでそういったときは、Movable Typeのモジュールテンプレートが役に立ちます。

MultiBlogと組み合わせるとさらに良い感じです。

他のCMSもいろいろ試しているのですが、Movable Typeの案件が多いです。

RSSから携帯ブログを簡単に作れるサービス[Blomott]

NikiNikiでマイフレさんが紹介されていたサービスです。

RSSから携帯ブログを簡単に作れるサービス[Blomott]

既存ブログのRSSを登録すると自動で携帯向けブログを生成するサービスです。

私も早速試してみたのですが、写真がきちんと表示される(リサイズもしてくれている)のと、アーカイブが表示されているのが良い感じですね。

悪い点というか気をつけないといけないのは、RSSが記事全文表示させる設定になってないといけないこと、例えば<description>の部分に追記を含めた記事全文がかかれていないといけません。

既存のブログサービスだとRSSを編集する機能はないので、そこら辺厳しいかもしれませんね。
たとえばチェスト!さんで使われているシーログは追記を書き出していません。

リンクタグも効かないようです。行った先が携帯サイトじゃない場合もありますし、これは仕様かもしれません。

そういうことをふまえても素晴らしいサービスであることに間違いありません。
ブロモット開発者ブログも拝見しましたが、なんと言うか素晴らしいですね。
こういったサービスを提供してくださるか方たちに感謝しないといけませんね。

Movable Type 鹿児島

「Movable Type 鹿児島」というキーワードで、GoogleとYahoo!でこのブログの記事が1位になってます(2008年1月14日現在)

Yahoo!カテゴリに登録せずに、被リンク数を増やさなくても、内的要因だけで上位に来ているので嬉しいです。
いろいろ試した成果が出てきた感じで、いろいろデータも取れて面白かったです。

今度は本体サイト側に、もうすこし利益に繋がるキーワードで、検索エンジン対策していくつもりです。

コンテンツが揃ったらビジネスエクスプレス、Jエントリー、クロスレコメンド、PPC広告なども試していくつもりなので、こちらもいろいろデータ取れそうです。
試した成果などは、お客様のサイトにも紹介していくつもりなので、まだやったことがないことしてみたいです。
鹿児島でも行政がサイトや広報誌の広告枠を募集していたりするので、いちどは試してみたいなと思っています。
成果が出るか微妙だけど、一度は試してみたいです。

自分のサイトだけ管理しているなら、どんどん試したいこともありますし、コンテンツもどんどん増やしていきたいのですが、お客様の仕事が優先ですからね。

いろいろな広告媒体に関わらせていただいていますが、サイトの制作・運営の仕事は、

自分のサービス・商品を必要としている人たちに対して、自分の貴重な「時間」や「予算」を使える。使えている実感があるという点では、ほかの広告媒体を追随を許さない部分があります。

これはお客様のサイトにもいえる点で、私が仕事をしていて安心できているというか、お客様を前にして熱く語っていけてる部分です。

ホームページを持つということは、目標を達成するまで思考錯誤していき、データ収集をしたり、コンテンツを増やしたりといったことを続けていけるということだと思います。
作ったら終わりじゃないし、コンテンツのアイデアは、お客様自信から生まれてくると思っているので「Movable Type」などのCMSを用いた仕事を中心にさせてていただいていますし、
「ブログ書いてくださいね」
とお客様には強くお願いしています。実際にお客さんのブログの記事の中からアイデアいただきコンテンツを増やすということもよくやっています。

ホームページとRSS変更

ホームページ公開しました。

えがおでドットコム-鹿児島のweb制作・ホームページ制作。SEO・SEMなどのサポートお任せください。

これから記事など、どんどん更新していく予定。
コラムは、専門用語の解説を中心に、わかりやすい言葉で書いたつもりでも、見返すと専門用語が多かったりと反省。
本文の表現修正も合わせて進めたいと思います。

トップページのRSSは、ブログ記事も反映されるように改造。
参加させていただいているSNSもそちらに変えました。
必殺MultiBlogで簡単でした。
RSS2.0だとこんな感じです。

<$MTHTTPContentType type="application/rss+xml"$><?xml version="1.0" encoding="<$MTPublishCharset$>"?>
<rss version="2.0">
   <channel>
      <title>えがおでドットコム</title>
      <link><$MTBlogURL$></link>
      <description><$MTBlogDescription remove_html="1" encode_xml="1"$></description>
      <language><$MTBlogLanguage ietf="1"$></language>
      <copyright>Copyright <$MTDate format="%Y"$></copyright>
      <lastBuildDate><MTEntries lastn="1"><$MTEntryDate format_name="rfc822"$></MTEntries></lastBuildDate>
      <generator>http://www.sixapart.com/movabletype/</generator>
      <docs>http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss</docs>


<MTMultiBlog include_blogs="4,6,14,15,16,17">
      <MTEntries lastn="15">
      <item>
         <title><$MTEntryTitle remove_html="1" encode_xml="1"$></title>
         <description><$MTEntryBody encode_xml="1" convert_breaks="0"$></description>
         <link><$MTEntryPermalink encode_xml="1"$></link>
         <guid><$MTEntryPermalink encode_xml="1"$></guid>
        <MTEntryCategories>
          <category domain="http://www.sixapart.com/ns/types#category"><$MTCategoryLabelremove_html="1" encode_xml="1"$></category>
        </MTEntryCategories>
        <MTEntryIfTagged><MTEntryTags>
          <category domain="http://www.sixapart.com/ns/types#tag"><$MTTagNameremove_html="1" encode_xml="1"$></category>
        </MTEntryTags></MTEntryIfTagged>
         <pubDate><$MTEntryDate format_name="rfc822"$></pubDate>
      </item>
      </MTEntries>

</MTMultiBlog>

   </channel>
</rss>
 

ID部分を、まとめて書き出したいブログのIDに変えるだけです。

こんな感じになります。

MTTagInvoke 1.0

MTTagInvoke 1.0は、個別ページで同じカテゴリーに属したエントリーだけをリストアップできるプラグイン。
ビジネスブログ系だと使うと記事の閲覧が楽になるのでお勧めです。 

昔のソースを元に作業していたら空白になってしまったのでメモ。

以前はMTTagAttributeだったのが、MTTagInvokeAttributeに、MTTagContentだったのが、MTTagInvokeContentに変更されているようです。

 

2007年のネット通販市場規模は1兆9,240億円、富士経済調べ

富士経済さんのサイトでこんな記事発見

通販・e-コマース市場の調査を実施

2007年におけるインターネット通販の市場規模は、前年比20%増の1兆9,240億円に達する見込みだという。

ネットでの買い物の便利さになれてしまうと、今はガソリンも高いですし、遠くのお店に買い物に行こうという気にはなれないなという実感があります。アマゾンとか楽天とか、本当に便利ですよね。
私の場合、SOHOスタイルで仕事しているので荷物の受け取りも大変楽なので(再配達はほぼ無い)ネット通販で買うことがほとんどです。ポイントなどを含めると、1~2割は近所のお店で買うより得しているのではないでしょうか。

買い物のパターンというか、購入までの経路も変わりましたよね。

以前はお店で商品を見て、店員さんやパンフを見ながら購入決めるといった「AIDMAの法則」の沿った買い物をしていましたが、今は実店舗で商品見て、家に帰ってネットで検索、レビューや公式サイトをみて、価格.COMで安くで購入というパターンが多いです。
「AISAS」というものですが、最近ではさらに「AISCEAS」というモデルも出ているようです。
最後のSは、S=シェアー、つまり買った商品などのレビューを投稿したり、ブログに紹介したりすることで、その商品に興味がある方と情報を共有するということです。
私も趣味のブログに買ったデジカメのレビューなど書いているのですが、アクセス解析の結果を見ると、そのデジカメの商品名で訪れる方が結構いらっしゃいます。

実際に購入された人の意見が一番参考になりますよね。いいことばかり書かれているとはかぎらないですが、個人の方のレビューやブログ記事は見逃せません。
私もいつも参考にさせていただいております。

Movable Typeがオープンソースに

ITmedia Newsさんにこんな記事みつけました。

ITmedia News/ITの今が見える、明日が分かる

Movable Typeがオープンソースに

きましたね!

Movable TypeがすばらしいCMSなのはわかっているのですが、やはりライセンス料金を気にされる方もいらっしゃったので、オープンソース化は朗報ですね。

WordPressもいろいろいじっっていたんですけどね。やはり使い慣れたMovable Typeが良いですね。

メディア紹介歴

昨日はお客様のメディア紹介歴の素材作り。
どんな宣伝よりも、メディアでの紹介歴は、信頼してもらえる材料になりえます。

昨日作業させていただいたクライアントさんも何年分もの資料をスクラップブックに整理されていました。

ご自分たちが仕事に取り組んでこられたひとつの歴史ですからね。

独立して1年ほどの私にはうらやましいかぎりです。

フィードパス

今朝の日経産業新聞にフィードパスさんに関する記事が出ていました。

RSSフィードのデータベースを利用した企業向け情報提供サービスに関する記事です。

フィードパスのデータベースにブログやニュースサイトから更新情報を収集し、カテゴリー別に分類して、ポータルサイトなどに記事として配信するといったサービスです。

RSSは便利ですが、専用のアプリを入れたりサイトを探してこないといけなかったり、結構能動的な作業を必要とするので、記事中にも利用者の裾野が広がっていないといういけんがありましたが、このサービスを通して、更新情報収集の利便性が高まれば、RSS自体の便利さに皆さん気づくことになるかもしれませんね。

RSSに関しては、こちらの記事で紹介した動画がわかりやすいです。

RSS紹介動画

ちなみにMovable Type などのツールを利用すれば、簡単にRSS配信できます。
Googleサイトマップなど自動で作ってくれるので便利です。